タミフルなどのインフルエンザ薬と漢方薬は併用可能、相乗効果も期待!




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。

 

インフルエンザで病院を受診すると、
タミフルやイナビルといったインフルエンザ薬が処方されることがほとんどです。

もし、あなたが<インフルエンザに漢方薬が効く>ということを知っていたら、
一緒に飲んでいいのかな?と疑問に思いませんか?

 

葛根湯や麻黄湯といったインフルエンザによく使われる漢方薬と、
病院で処方されるタミフルやイナビルなどのインフルエンザ薬の飲み合わせには、問題ありません。

漢方か西洋薬か、どっちかをとるのではなく、どっちもとることも可能なんですね。

しかも、漢方とインフルエンザ薬を併用することで<インフルエンザが早く治る>相乗効果も期待できます!

 

今回は、漢方専門の現役薬剤師である私が、タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬と漢方薬の飲み合わせについて、詳しくお話していきたいと思います。

 

タミフルなどのインフルエンザ薬と漢方薬の麻黄湯や葛根湯の飲み合わせ

インフルエンザ薬と葛根湯や麻黄湯などの漢方薬は効き方が違う!

インフルエンザの治療には、
インフルエンザウィルスが増えるのを抑えるインフルエンザ薬が使われています。

ウィルスが増殖すると、インフルエンザ発症(発熱)します。
そこを抑え込むことで、治る=熱が出る時間を短くするわけです。

 

インフルエンザ薬としては、

・飲み薬のタミフル(1日2回5日間飲む)、ゾフルーザ(2018年に発売、1回飲むだけで終わり)

・吸入タイプのリレンザ(1日2回5日間吸う)、イナビル(1回吸うだけで終わり)

この4種類がよく使われていますね。

清水 みゆき
お医者さんによって使うインフルエンザ薬が違ったり、
患者さんに選んでもらう場合もあるようです。

 

 

インフルエンザウィルスに対して効果を発揮する薬に対して、
葛根湯や麻黄湯は、体をあたためて、発汗させることで体の免疫力を高めて治す漢方薬です。

漢方薬は、体がもともと持っている自然治癒力を高めることで、
インフルエンザウィルスとの戦いを優位にすすめるサポートをします。

しかも、麻黄湯にはインフルエンザウィルスが細胞の外に出るのを抑える効果も報告されています。

 

清水 みゆき
漢方薬って、じんわり、やさしいイメージがあるかもしれませんが、
即効性のあるパワフルな漢方もあるんですよ。

 

同じようにインフルエンザを治す、熱を下げる効果があっても、
ウィルスに対するインフルエンザ薬と
体の免疫力を高める漢方薬では、効き方が全く違うんですね。

 

タミフルと麻黄湯や葛根湯などの漢方薬は併用可能!
相乗効果も期待できる!

 

インフルエンザウィルスが増えるのを抑えるインフルエンザ薬、

体を温めてウィルスと戦う免疫力を高める漢方薬、

効き方も違いますし、併用することでお互いに邪魔することもありません。

むしろ、相乗効果が期待できます。

清水 みゆき
実際に、イナビルと麻黄湯を併用することで、インフルエンザの治療に相乗効果があったという報告もあります。

 

タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬と葛根湯や麻黄湯などの漢方薬の飲み合わせは、全く問題はありません。

 

インフルエンザ時には、葛根湯や麻黄湯以外にも、体質や症状、進行具合にあわせていろいろな漢方薬が使われます。

以下にまとめたどの漢方薬も、タミフルなどのインフルエンザ薬と併用可能です。

 

漢方薬とインフルエンザ薬の飲み合わせには問題ありませんが、解熱剤との飲み合わせには注意が必要です。

詳しくはこちらのブログ記事に解説しているので、参考にしてくださいね。
漢方薬と風邪薬の飲み合わせ、麻黄湯と解熱剤を一緒に飲んでいい?
漢方薬とロキソニンの飲み合わせ、風邪の時に一緒に飲んでも大丈夫?

 

 

漢方薬とインフルエンザ薬の飲み合わせは問題ないということを知っていると、
インフルエンザ流行時期の治療の選択肢がぐっと広がります。

 

というのは、当たり前のことですが、
インフルエンザの検査で陽性が出なければ、インフルエンザ薬は処方してもらえないですよね。

はっきりとした陽性結果が出るには、発熱後12時間以上たっていることが必要だと言われています。

 

その間、何もせずにただ休んでいるだけというのも、ちょっともどかしくないですか?

 

漢方薬とインフルエンザ薬が併用可能だと知っていれば、

インフルエンザか風邪かはっきりしなくても、
病院に行く前に、検査おで陽性が出る前に、
早めのタイミングで漢方薬を飲むことで、早く回復することができます。

漢方薬を飲んでから、飲みながら、
後で病院を受診してインフルエンザ薬を飲んでも問題ないですし、

漢方で体が戦う準備OK!というところにウィルスが増えるのを減らす薬を飲むわけですから、
よりインフルエンザが早く治ることが期待できます。

(漢方だけでインフルエンザ薬も飲まずに治ることもあります。)

 

まとめ:タミフルなどのインフルエンザ薬と漢方薬は併用可能、相乗効果も期待!

ということで、
今回は、タミフル、イナビルなどのインフルエンザ薬と漢方薬の飲み合わせについてお話してきました。

葛根湯や麻黄湯といったインフルエンザ時に使う漢方薬と
インフルエンザ薬、
飲み薬のタミフル、ゾフルーザ、
吸入薬のイナビル、リレンザとの飲み合わせは、問題ありません。

むしろ、併用することでインフルエンザが早く治る相乗効果も期待できます!

 

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト

 

心と体にやさしい漢方生活を始めませんか?

漢方初心者が、まず最初に必ず知るべき3つのポイントを
漢方専門の現役薬剤師がわかりやすく教えます。
期間限定でプレゼントも配布中!



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト