授乳中の花粉症に漢方の小青竜湯やアレグラなど薬を飲んでも大丈夫?




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水みゆきです。

この記事では、授乳中にアレグラなどの西洋薬や漢方の小青竜湯といった花粉症の薬を飲んでも問題ないかについて、お話します。

授乳中に薬を飲むのには抵抗があるけれど、どうやって花粉症シーズンをしのごう・・。

万が一、赤ちゃんになにか影響があったらと思うと、ママも心配ですよね。

 

授乳中はお薬を飲んじゃいけない!

そんなイメージがあるかもしれませんが、
授乳中に絶対に飲んじゃダメ!というお薬はごく一部なんです。

それでは、授乳中の花粉症の薬について詳しくお話していきますね。

■こんな方にオススメです■
・授乳中だけど花粉症がつらいママさん

・授乳中の花粉症の薬の服用に迷うママさん

 

アレグラ(フェキソフェナジン)などの花粉症の薬は授乳中も飲むことができる

花粉症のときに使われる薬は、
抗アレルギー薬といわれるものがメインです。

じんましんにもよく使われます。

代表的な薬をあげると、アレグラ(フェキソフェナジン)、クラリチン(ロタラジン)などがあります。

これらの薬は、その性質や特性から、母乳にはいる薬の成分量が少なく、
赤ちゃんにおっぱいをあげながら服用しても問題ないとされています。
(*大分県「母乳と薬剤」研究会より )

最近はドラックストアでも購入できるお薬です。

 

でも、このお薬の説明書(添付文書)をみると、授乳を避けることと書いてあります。

というのは、
母乳にお薬がどれくらい入ると、赤ちゃん対してどんな影響があるか
十分なデータがないからです。

なので、動物実験などで母乳にごくわずかでも薬が入ることがわかった時点で、
リスクが全くゼロといえなから、授乳中は使わないでください
という製薬メーカー側の意向(リスク回避)が入っています。

このお薬の情報をもとに、
お医者さんによっては、
授乳をやめるように言われたり、
授乳中に出せる薬はないと言われることもあるかもしれません。

 

ママにとっても、赤ちゃんにとっては
おっぱいはとっても大切なもの。

花粉症で病院を受診するときは、
母乳育児に協力的な産婦人科さんや小児科さんを選ぶといいですね。

 

他にも、目だけ、鼻だけというように、
場所を限定して使う目薬や点鼻液も、
使った部位だけで薬がはたらくので、母乳への影響は少ないと考えられています。

例えば、パタノールといった抗アレルギー薬の目薬、
フルメトロンといった炎症を抑える目薬、
ナゾネックスなどのステロイドの点鼻液ですね。
(他にもいろいろと種類があります。)

だけど、やっぱり不安だわというママさんには、漢方薬もおすすめです。

私は、西洋薬とひけをとらない効果を感じています!

 

花粉症に使う漢方薬の小青竜湯を授乳中に飲んでも大丈夫?

花粉症に使われる漢方薬はいろいろあります。

代表的なものをひとつあげると、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)でしょうか。

私も、急な鼻水やくしゃみ、目のかゆみに、よくお世話になっている漢方薬です。

小青竜湯についてはこちらのブログ記事も参考にしてくださいね。
子どもも飲める小青竜湯は花粉症にも鼻風邪や鼻炎にも役立つ漢方
花粉症の市販薬の小青竜湯の選び方、漢方は処方の違いと副作用に注意

 

小青竜湯には、麻黄(まおう)という生薬が材料に使われています。

この麻黄は、他の生薬と組み合わせることで、
からだをあたためたり、
咳やゼーゼーをおさえたり、
むくみや腫れをとるはたらきがあります。

麻黄の主成分であるエフェドリンは、
咳を抑える成分として、市販の風邪薬にも使われています。

と同時に、交感神経を刺激して、
私たちの活動のスイッチをONにする役目もします。

人によっては、血圧上昇や動悸という麻黄の副作用がでることもあります。

漢方薬だから安全というわけではないんですね。

授乳中に小青竜湯を飲んだ場合も、
母乳を通じて赤ちゃんの方へわずかでも入ったときに、
もしかしたら、赤ちゃんの寝つきが悪くなる可能性も否定はできません。

とはいうものの、
私も授乳中に小青竜湯を服用していましたが、
その日に限って、赤ちゃんの寝つきが悪かったという経験はないです。

だから、めったにないことだとはおもいます。

でも、事前に知っていると安心できますよね。

清水 みゆき
勤務先の薬局でも、授乳中のママには必ず説明するようにしています。

 

妊娠中の花粉症対策について書いたこちらの記事。
もちろん、授乳中のママにも使える漢方とハーブなので、あわせてお役だてください!
妊娠中に花粉症の薬は飲めない?悩む妊婦さんに教えたい漢方とハーブ

漢方を含む花粉症の市販薬タウロミンについては、こちらのブログ記事を参考にしてくださいね。
妊娠中や授乳中に漢方を含む花粉症の市販薬タウロミンを飲んでよい?

 

まとめ


ということで、授乳中にアレグラなどの西洋薬や漢方の小青竜湯といった花粉症の薬を飲んでも問題ないかについて、お話ししてきました。

アレグラやクラリチン、小青竜湯は、授乳中に飲んでも問題ありません。

 

授乳中のママはどうしても赤ちゃんのことが最優先。

自分のことは後回しにしたり、我慢しがちですよね。

命には別条はないけれどつらい、
鼻水や目のかゆみといった花粉症の不快な症状。

上手に薬とつきあいながら、花粉症シーズンも赤ちゃんと笑顔で過ごしてくださいね。

 





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。