はちみつ大根で妊娠・授乳中、子どもの風邪、咳や喉の痛みをケア




冬は冷たくて乾燥した空気のせいで、
のどの粘膜も乾きがち。

風邪やインフルエンザのウィルスなどで傷ついて、
炎症を起こしやすくなってしまいます。

これが、のどがイガイガや痛み、咳の原因。

すっきりしなくて、不快ですよね。

のどの痛みや咳には、
漢方薬やハーブのチンキ剤(アルコール漬け)もいいですが、

昔ながらの<はちみつ大根>も、おすすめです。

のどの痛みや咳によいはちみつ・大根

はちみつは<お薬>って、知っていますか?

<日本薬局方(にほんやっきょくほう)>
というお薬や生薬の品質、純度の基準を決めたものがありまして、
そこに、はちみつも医薬品として載っています。

◆はちみつのはたらき

・炎症をやわらげる
・抗菌作用(菌を増やさないようにするはたらき)
・粘膜の保護
・肌の乾燥をふせぐ
・腸内の環境をととのえる
・便秘
・疲労回復

漢方的にも、はちみつは、
<肺>をうるおして、咳をおさえると考えられています。

なので、のどの痛みや咳に効果的なんですね。

ちなみに、はちみつは、腸が未発達で、抵抗力がひくい
1歳未満のお子さんには使えません。

はちみつの中には、ボツリヌス菌がいることがあるからです。
* 乳児ボツリヌス症は、手足のまひなどをおこします。

授乳中のママがはちみつを食べても、
母乳には影響ないので、安心してくださいね。

今が旬のおいしい大根。

大根にも、<肺>をうるおすはたらきがあって、
痰をできにくくします。

さらに、大根にふくまれる酵素は、
のどの粘膜の炎症をやわらげるはたらきもあります。

ビタミンCも豊富です。

<はちみつ大根>にすると、
はちみつと大根の相乗効果で、のどのイガイガや咳が楽になります。

作り方はカンタンです。

角切りでも、イチョウ切りでも適当に切った大根を
はちみつに一晩つけるだけ。

大根から水分が出てくるので、
はちみつのトロトロ感はなくなります。

大根をそのままつけていると、苦くなるそうなので、
私は一晩でとりだしています。

さらに、我が家の<はちみつ大根>は、ハーブ入り。

のどによいハーブのブルーマロウも一緒に、
はちみつ漬けにしています

はちみつ+大根+ハーブのトリプルパワーです!

甘いものが大好きなむすめからも、
「のどが痛いから、ハーブティーにはちみつ入れて♪」
よくリクエストされています。

きっと、本当に痛いわけでなく、
甘えたかったり、甘いものが好きだからなんでしょうね。

子どもも喜ぶ風邪ケアアイテム、はちみつ大根。

妊娠中や授乳中のママにもやさしいです。

一度おためしくださいね!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。