早く治したい風邪、いつもの漢方薬と市販の風邪薬を一緒に飲んでいい?




勤務先の薬局での患者さんからの質問です。

「風邪のときに漢方薬と市販の風邪薬を
一緒にのんでもいいですか?」

体質改善のために毎日漢方薬を飲んでいる患者さん。

風邪をひいたときに、
ドラックストアで買った風邪薬を飲んでいたそうです。

いつも飲んでいる漢方薬と市販の風邪薬、
迷いつつ、一緒に飲んでいたそうです。

幸い、数日でなおったものの、
一緒に飲んでよかったのか、疑問に思っていたそうです。

風邪をひいているときは、いつもの漢方薬があわないことも

漢方薬は、ひとりひとりの体質や
その時のからだの状態(体調)にあわせて選びます。

風邪をひいた時のからだの状態って
鼻水や咳がでたり、
なんとなくだるかったり、
いつもとは全く違います。

あたり前といえば、あたり前ですよね。

なので、いつも飲んでいる漢方薬でも、
風邪のときの自分にはあっていないこともあるんですね。

まずは、風邪をなおすことを最優先するべき!

いつもの漢方薬をのみながらパブロンなどの市販の風邪薬をのむことは、
絶対ダメではないですけど、
私的には<なし>かなっておもいます。

漢方薬の成分が、市販の風邪薬にも入っていることがあるので、
重複して、飲み合わせがよくないこともあります。

特に気をつけた方がいいのは、
甘草(かんぞう)とグリチルリチン、麻黄(まおう)とエフェドリン。

言葉は違いますが、
甘草の中にグリチルリチン、麻黄の中にエフェドリンが含まれています。

風邪薬ではカゼはなおらない

他にもワケがあります。

西洋薬の風邪薬は、症状を抑えてくれるけど、
風邪そのものは治してくれません。

風邪をなおすのは、
わたしたちがもともと持っている自然治癒力、治るチカラ。

薬のパワーで咳や鼻水といったつらい症状をおさえるから、
そうやって、体力の消耗をおさえている間に、自然となおってくれますように
というのが、西洋薬の風邪薬。

だけど、咳や鼻水は、からだの防御反応のひとつ。

風邪のひきはじめに、その症状を薬で無理に抑えてしまうことで、
かえってこじらせてしまうこともあります。

そうなると、
もともとのからだの不調の改善にも暗雲が・・・。

健康なからだになるには、
かえって、回り道になってしまいますよね。

私たちがもともと持っている自然治癒力。

そのちからをサポートするのは、
漢方薬が得意なところ。

<早め>のタイミングで、
<自分にあった>漢方薬をのむと、

風邪のもすっきりとなおって、ぶり返さないことが多いです。

早く風邪をなおして、
もともと気になっていた不調の改善にまた集中できますよね。

ちなみに、風邪の漢方薬を飲んでいる間は、いつもの漢方薬はお休みしてくださいね。

今日、お話した患者さんは、体質改善のために漢方薬をのんでいたので、
まさか、風邪の時にも漢方薬が効くとは思わなかったそうです。

実は、風邪のときこそ、漢方薬の出番です。

自分や家族のひきやすい風邪のタイプや体質にあわせて
オンリーワンの漢方薬をそなえてると、いざという時に役立ちますよ。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。