漢方薬の小青竜湯とアレグラの飲み合わせ、ひどい花粉症に併用可能?




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水みゆきです。

この記事では、漢方薬の小青竜湯とアレグラ(フェキソフェナジン)といった抗アレルギー薬の飲み合わせについて、現役薬剤師が解説します。

 

花粉症の漢方薬と言えば、小青竜湯が有名です。
花粉症の市販薬の小青竜湯の選び方、漢方は処方の違いと副作用に注意

花粉症がひどいから、小青竜湯とアレグラと一緒に飲みたい!
2種類以上の薬を飲む時に不安なのが、薬の飲み合わせです。

というわけで、漢方薬の小青竜湯と抗アレルギー薬の飲み合わせについて、詳しくお話していきますね。

この記事を読むと、飲み合わせに対する不安がかるくなりますよ!

 

漢方薬の小青竜湯とアレグラなどの抗アレルギー薬の飲み合わせ

人によっては、抗アレルギー薬が効かないこともある!

花粉症の鼻水やくしゃみ、痒みには、
西洋薬の治療では、抗アレルギー剤が使われます。

アレグラ、アレジオン、ザイザルとかたくさんの種類があります。

眠くなりやすいことで有名ですが、
眠気の副作用が出る出ない、

そして、肝心の効果が出る出ないにも、
とっても個人差がある薬です。

例えば、
ザイザルはイマイチの効きめだったけど、
アレグラは効いた!
なんてことも、その反対も、人によっていろいろです。

「初めての薬で自分にぴったりあったらラッキー!」
本当にそんな感じです。

薬を飲んで試しながら、自分にあうものを探していくしかないんですね。

私はものすごく眠たくなってしまうので、
こういう抗アレルギー薬は飲めない体質です。

私のように副作用が出てしまう方はもちろん、
西洋薬だけでは効果がいまひとつの方は、
抗アレルギー薬に漢方薬を追加するという選択肢もあります。

 

いつも飲んでいる漢方薬と、鼻水がひどい時に飲む小青竜湯やアレグラなどの抗アレルギー薬は併用可能?

ママ世代によく使われる漢方薬、
加味逍遥散、当帰芍薬散、半夏厚朴湯などがあります。

いつも飲んでいる漢方薬というのは、
長く続いている不調や体質改善のために、毎日飲んでいる漢方薬のことです。

このような漢方薬とアレグラといった抗アレルギー薬の併用は問題ありません。

 

ただし、花粉症やアレルギー性鼻炎がひどくて、
1日3回小青竜湯を飲まないと過ごせない!

そういう場合は、いつも飲んでいる体質改善のためのベースの漢方薬は中止しましょう。

生薬の重複も考えられますが、
現在の体の状態に合っていないので、せっかく飲んでも意味がない、効かないことが多いからです。

 

花粉症で使われる小青竜湯とアレグラなどの抗アレルギー薬の飲み合わせ

小青竜湯には、
体をあたためて、熱や腫れを発散させる、
いらない水分を取りのぞくといったはたらきがあります。

花粉症の鼻水やくしゃみにもよく使われています。
子どもも飲める小青竜湯は花粉症にも鼻風邪や鼻炎にも役立つ漢方

 

基本的に、漢方の小青竜湯と抗アレルギー薬との飲み合わせは、問題ありません。

 

抗アレルギー薬だけ、漢方薬だけで効く方はそれだけでよいですが、

どちらか一つだけでは効果が不十分なときに、
アレグラ+小青竜湯を組み合わせて飲むということもよくあります。

例えば、
アレグラを飲んで、効果がイマイチだったら、
後から小青竜湯を追加で飲む
こういう漢方薬の飲み方もアリです。

アレグラと小青竜湯は効き方が違うので、併用することで相乗効果も期待できると思います。

 

ちなみに、授乳中に小青竜湯やアレグラを飲んでも問題ありません。
授乳中の花粉症に漢方の小青竜湯やアレグラなど薬を飲んでも大丈夫?

 

まとめ

ということで、漢方薬の小青竜湯とアレグラといった抗アレルギー薬の飲み合わせについてお話してきました。

花粉症の時によく使われる小青竜湯と、抗アレルギー薬のアレグラ(フェキソフェナジン)を一緒に飲んでも問題ありません。

むしろ、効き方が違うので、相乗効果が期待できると思います。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。