発熱した子どもの異常行動や熱せん妄はインフルエンザ陰性でも注意!




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。

この記事では、子どもの発熱時の異常行動、熱せん妄について、私の経験を交えつつお話します。

 

インフルエンザが流行っていますね。
全国各地で警報レベルのようです。

 

子どものインフルエンザの発熱といえば、
怖いのが、急にうわごとを言ったり、おびえたり、飛び出す
異常行動熱せん妄です。

うちの長男くんも、発熱時にうわ言をいったり、異常行動したことがあります。

何度経験しても、側で見守る私も怖いです・・・。

きっと初めて経験するお母さんは、パニック状態になってしまうのではないでしょうか?

そうならないためにも、まずは正しい知識を知っておくことが大切だと思います。

それでは、詳しくお話していきますね。

■こんな方にオススメです■

・子どもが発熱すると不安な方

・インフルエンザの発熱時に子どもが異常行動した経験がある方

インフルエンザでなくても起きる子どもの発熱時の異常行動、熱せん妄

先日、うちの長男くんも熱を出しました。
頭痛がひどいと朝からつらそう。

学校はお休みして、家で安静にんしていると、昼には39℃の熱。

きっとインフルエンザに違いない!
そう思いましたが、‎
急いで病院に行っても、おそらく検査で陽性はでない・・・。

食欲もあり、水分も撮れる、家で様子をみることにしました。

 

まず、葛根湯を一服。
(結局、朝・昼・夕と3回飲みました)

そして、ハーブティーで水分補給。

ラヴィンツァラのアロマジェルを大急ぎでつくって、塗り塗り。

「ああ、気持ちいい」
ジェル基材がひやっとするせいか、これがとても気持ちよかったようです。

 

安静に寝ていたところ・・・

「○△□が追いかけてくる!怖い!」
寝ていた長男くんが、飛び出してきました。

熱せん妄が起きたようです。

 

抱き留めて安心させて、
お茶を飲ませ、
アロマジェルを塗ると、またぐっすり眠ってしまいました。

清水 みゆき
アロマジェルに使ったラヴィンツァラ精油には、
気持ちを落ち着かせて眠りを誘うはたらきがあります。

 

子どもの発熱時に起きる熱せん妄とは?

子どものインフルエンザの発熱といえば、怖いのが、熱せん妄です。

熱せん妄とは、発熱に伴う異常行動のこと。

窓から飛び降りる、
うわごとをいう、
叫び出す、
ウロウロと歩き回る、
怖がる、
こういう風な行動が多いようです。

 

報道のせいか、
タミフルを飲んだ時だけの異常行動と思っている方もいるようです。

実は、タミフルの服用にかかわらず、
しかも、インフルエンザでなくても、
高熱が出た時は、熱せん妄が起こる可能性があります。

 

以前、長男くんが発熱した時は、
夜中に急に起き上がって、走っていこうとしていました。

(慌てて、抱き止めましたが、一人だったら、窓から飛び出していったかもしれません・・・)

こういう時って、夢と現実の区別がつかないパニック状態。

頭は眠って夢をみているけれど、体は起きている。

だから、夢の中のことで体が動いたり、逃げようとしていまいます。

 

発熱しても、熱せん妄が全く出ないお子さんもいます。

なぜ差があるのかは、まだわかっていないようです。

数分から数時間以内に、熱せん妄の症状はおさまります。

それ以上続く意識障害や異常行動、痙攣(ひきつけ)の場合、
脳炎や脳症など脳に障害を起こしている可能性がもあります。

急いで医療機関を受診してください。

 

子どもの発熱時に気をつけること

子どもが熱を出したときは、

・1階の目の届くところに寝かせる

・できるだけ、そばにいるようにする

・不安そうな時は、手をにぎったり、体をさすってあげる
(アロマジェルも活用)

・水分補給をこまめにする

私は、この4点に気をつけています。

 

子どもが急に熱を出しただけでも心配なのに、
熱せん妄が起きると、ママもパニックになると思います。

痙攣などがなく、すぐにおさまるようだったら問題はありません。

まず、ママが落ち着いて、ケアしてあげてくださいね。

 

結局、長男くんの熱は1日で下がり、インフルエンザも陰性でした。

風邪の発熱だったようです。

漢方とハーブの力で、風邪がこじれずにスッキリ治ってほっとしました。

清水 みゆき
「解熱剤と鼻水の薬を出しますね」
お医者さんに言われましたが、もう熱も下がっていて元気だったのでお断りしました^^;

 

まとめ

というわけで、
子どもの発熱時の異常行動、熱せん妄について、私の経験を交えつつお話しました。

子どもが急に発熱して、うわ言を言ったり、異常行動すると、ママも不安になりますよね。

焦らずに落ち着いて対処するためにも、まずは正しい知識を知っておくことが大切だと思います。

 

まだインフルエンザの流行は続きそうです。

お子さんの発熱の時に、このブログ記事がお役にたてばうれしいです。

 





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。