風邪を早く治すために発熱して風邪と戦う元気なからだ




なんだか体がだるくて熱っぽく感じる夕方。
ごはんの準備で忙しいけど、
念のためにと熱をはかってみると、なんと39℃の発熱!

急に自分が病人になったような気がしてきますよね。

先日、久しぶりに39℃を超える発熱をしました。

かなり久しぶりの高熱だったこともあり、
体力的にはこたえました。

その反面、
「これだけ高い熱をだせる元気なからだなのね!」
ちょっとうれしい気持ちにもなりました。

熱をだしてウィルスなどと戦うからだ

発熱は、からだをまもる大切なものです。

体温は、脳の視床下部というところにある体温中枢で調節されています。

風邪などに感染すると、
体温中枢のセットポイントが上昇して発熱します。

からだに入ってきたウイルスと戦うために、
からだの免疫細胞たちが活動しやすくするために、
あえて、
自分の体温をあげるために発熱しているんですね。

からだを守るために発熱するわけで、
風邪のウィルスに感染してからだがどうかなってしまったから
発熱するわけではないんです。

そして、からだが筋肉をうごかして、
「体温あげてください!」と脳から指令がでている状態、
このときに悪寒がおきます。

悪寒戦慄(おかんせんりつ)とも、いいます。

熱がでている=熱いはずなのに、
悪寒がおきる=寒い
というのは、矛盾しているような気がしますよね。

でも、からだを守るために、熱をうみだして体温をあげるために
からだをふるわせて悪寒している
と考えると納得ですね。

体温中枢のセットポイントまで熱があがると、
悪寒はなくなります。
もう悪寒しなくても大丈夫というわけです。

悪寒があるときは、
一枚多く着たり、毛布を増やしてくるまって、
しっかりからだをあたためることが大切です。

そして、悪寒がなくなったあとは、
無理にあたためなくても大丈夫です。

パジャマを薄手のものにしたり、お布団をへらしたりして、
からだを冷やしすぎない程度に、
ラクだと感じるケアをしていきましょう。

子どもが高熱をだすときも、
熱の出はじめは、ガチガチと震えるくらい寒がっているのに、
ある程度、熱が出きってしまうと、
暑がって布団からでていくことも多いです。

今回の私の風邪のように、
悪寒してから発熱して、
しかも、汗をかかずに高熱がでたときは、

葛根湯、
麻黄湯(まおうとう)、
桂麻各半湯(けいまかくはんとう)
といった漢方薬がおすすめです。

漢方薬の中の生薬、
麻黄(まおう)+桂枝(けいし)の組み合わせで、
体温があがるのを助けてくれます。

そして、気持ちのよく汗がでてすっきり熱がさがります。

漢方薬が、からだの免疫力をアップさせて風邪をなおす
とってもわかりやすい効き方ですよね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。