授乳中のインフルエンザで薬を飲むか授乳を続けるか不安なママへ




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。

今回は、授乳中にインフルエンザになって、
薬を飲んでも大丈夫かな?
授乳を続けても大丈夫かな?
不安でいっぱいのママのためにお話します。

インフルエンザの流行期。

手洗い、うがい、予防接種と気をつけていたけど、
インフルエンザになってしまったとき。

赤ちゃんがいるママは、特に不安になってしまいますよね。

でも、心配しなくても大丈夫!

現役薬剤師の私が、詳しくお話していきますね。

清水 みゆき
この記事を読むと、ママの不安な気持ちが軽くなると思います。
■こんな方にオススメです■

・インフルエンザになっても授乳を続けていいか心配なママ

・授乳中にインフルエンザ薬を飲むことに抵抗があるママ

母乳からインフルエンザウィルスはうつらない

ママがまず考えるのは、
あかちゃんや家族へうつさないことですよね。

もし、ママがインフルエンザになっても、母乳をやめなくても大丈夫です。

インフルエンザのウィルスは
母乳からあかちゃんに感染することはありません。

ウィルスは、鼻やのどの粘膜で増えていきます。

血液の中に大量にでることはありません。

そして、母乳は血液からつくられます。
なので、母乳中にもウィルスが出ることはないと考えられています。

インフルエンザになっても、安心して母乳育児を続けてください。

ただ、あかちゃんのお世話のときには、
マスクや手洗いなどをして気をつけていきましょう。

イナビル、リレンザ、タミフル、授乳中にインフルエンザの薬を飲んでも大丈夫?

リレンザと麻黄湯や葛根湯は併用可能

インフルエンザで病院に行くと、
タミフルやイナビル、リレンザといった抗インフルエンザ薬がでるとおもいます。

今は、1回の吸入ですむイナビルが使われることが多いです。

(新しくゾフルーザという選択肢も出ましたね。)

お医者さんや薬剤師さんに「大丈夫」といわれても、
授乳中のママは、薬に対して不安になってしまいますよね。

後から、心配になってしまったりして・・・。

「授乳婦においてイナビル投与の安全性は高い」
例数は少ないですが、イナビルを吸入したあとの母乳中に薬が検出されたかった
という報告もされています。

他の抗インフルエンザ薬も、
母乳にでる薬の量はごくわずかな量なので、授乳は問題ないといわれています。

安心してくださいね。

インフルエンザの薬は、
インフルエンザをなおすというよりは、
ウィルスが増えるのをおさえて、熱がでている時間を短くするお薬です。

お薬を飲まなくても、
インフルエンザをなおすのは、自分のからだ。

絶対に服用しないといけないお薬ではないと私は思います。

でも、「1日でも早く熱をさげたい。」
というママもいるとおもいます。

持病があるなどのリスクや病気に対する考え方は、それぞれですよね。

麻黄湯(まおうとう)や葛根湯といった漢方薬の服用も、
インフルエンザの発熱といった緊急時の短期間の使用なら、授乳中でも問題ないです。

「授乳中といったら、病院で麻黄湯を処方してもらった」
もしかしたら、そういうお母さんもいらっしゃるかもしれませんね。

安心して飲んで、ゆっくり休んでくださいね。

漢方薬の種類については、こちらの記事を参考にしてくださいね。
インフルエンザの症状によく使われる漢方

インフルエンザでつらいとき、
なによりのお薬は、ゆっくり休むこと。

簡単なことだけど、授乳中のママにはなかなか難しいですよね。

でも、助けてもらえる人には頼りまくって、思いっきり甘えましょう!

まとめ

というわけで、授乳中にインフルエンザになっても、
授乳を続けても大丈夫ですし、
西洋薬のインフルエンザ薬を使っても、麻黄湯などの漢方薬を飲んでも問題ありません。

できるだけ、ゆっくり体を休めて、どうぞお大事にしてくださいね。

不安な気持ちが少しでも軽くなるとうれしいです。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。