漢方薬という選択肢を家族の健康を大切にするママに知ってほしい




このブログを読んでくださっているということは、
きっと「漢方ってなんかよさそう」と興味をもってくださっているはず。

もしかしたら、自分や家族の健康のことで、ちょっと悩んでいること、困っていることがあって、
「漢方で解決できたらいいな」とおもっているかもしれないですね。

漢方でできること、漢方の得意なことって、どんなことだとおもいますか?

たとえば、<冷え>という考え方は、西洋医学にはありません。

<冷え>をからだの不調としてとらえることができるのは、漢方の考え方ならではです。

冷えの他にも、女性特有のホルモンバランスやストレスなど、
ママのトラブルの原因になりやすいところが、漢方の得意分野なんです。

子どもや家族のちょっとした体調不良、風邪や頭痛、腹痛といったトラブルにも、漢方薬は役立ちます。

今起きている症状をただ、抑えこむだけでなく、
もともと私たちが持っている自然治癒力を高めることで、よい状態=健康なからだにみちびいてくれます。

こころとからだのバランスがとれた状態にととのえてくれる感じです。

体質改善のための薬膳や養生的な使い方から、
病院でもらう西洋薬のような特定の症状に対するお薬的な使い方まで、
漢方薬の守備範囲はかなりひろいと感じています。

漢方薬は西洋薬とくらべると穏やかですが、れっきとしたお薬です。

西洋薬ではなかなか効果がでないことにも使われることもありますが、万能ではありません。

できることなら、病気にならないのが一番です。

漢方薬も、薬ものまずに、お食事やライフスタイルを整えることで、健康でいられるのがベストだとおもいます。

だけど、私たちをとりまく現実の環境をみてみると、
あたりまえに健康でいることが、実はなかなか難しかったりします。

食べるもの、空気、お水といった口から入るもの。

急激な気候の変化。

日々の生活も忙しくて、いろいろとストレスもかかえがち。

病院にいくほどじゃないんだけど、なんとなく感じる不調ってありませんか?

生理の時になんとなく感じるからだの不調、

イライラしたり、眠れなかったりのこころの不安、

ちょっと風邪ひいたかな、頭痛するなという急な体調不良にも

漢方薬という選択肢がひとつあると心強いとおもいます。

知っていると安心な漢方薬という心強い味方。

自分と家族の健康のために<漢方>という選択肢があることをぜひ知ってほしいなとおもいます。

私自身の学びと経験のアウトプットの意味もふくめて、発信していきますね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。