無病長寿を祈るお正月のお酒お屠蘇は何からできている?




お正月のお酒といえば、お屠蘇(おとそ)。

英語では、 New Year’s sakeとも言うそうです。
面白いですよね!

<屠蘇>って難しい感じですが、意味ってご存知ですか?

<屠>は邪気を払う、
<蘇>は魂を目覚めさせて蘇らせる

と、私は聞いたことがあります。

(いろいろな解釈があるようですね。)

お屠蘇はなにからできているの?

実は、お屠蘇は、薬草酒なんです。

お正月に飲むおめでたい日本酒ではないんですよ~。

漢方薬の材料として使われる生薬からできています。

白朮(びゃくじゅつ)、
防風(ぼうふう)、
山椒(さんしょう)、
桂皮(けいひ)=シナモン、
桔梗(ききょう)、
陳皮(ちんぴ)=オレンジピール

といった生薬でつくられたものが、屠蘇散(とそさん)。

*屠蘇散のレシピはいろいろとあるようですね。

それをお酒やみりんにつけこんだものがお屠蘇です。

以前、<屠蘇延命散(とそえんめいさん)>という処方として
ちゃんと漢方薬の本に載っているのをみて、驚いたことがあります。

香りがよくて、
血行や胃腸のはたらきをよくする生薬からできています。

免疫力もアップして、
風邪もひきにくくなりくれそうです。

生薬を集めていちからつくるのは大変ですが、
屠蘇散は薬局でもティーパックとして売っています。

一晩漬けこんでおくだけなので、
自分でつくってみるのもいいですね。

<おとそ気分>が楽しめますね♪

お屠蘇をのんで、
家族の健康、無病息災を祈るという習わし。

昔から伝わり、受け継がれているものには
やはりちゃんとした理由がありますね。

親から子どもたちへもちゃんと受け継いでいって、
これからも大切にしていきたいとおもいます。

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト