自分の健康は自分で守る~セルフメディケーションの考え方




先日もニュースで話題になっていました。

『平成26年度の国民医療費(私たちが病院で病気やけがの治療を受けるのにかかった費用の総額)は、
8年連続で過去最高を更新しました。』

ずいぶん前から言われている国民医療費の増大。

これから高齢化をむかえる日本。

医療制度を変えたり、
後発品(ジェネリック医薬品)の活用をあげていっても、
増えるのを抑えるのできっと精一杯。

年金制度と同じく、
私たち世代の負担が増えていって、
このままだと、国民皆保険制度がなりたたなくなるのでは?
と不安視する声もあります。

もちろん、終末期医療なども含めて、社会全体で考えていかないといけないですが、
ママである私たちが、今から気をつけていけることもあります。

<セルフメディケーション>という言葉をご存知ですか?

世界保健機関(WHO)の定義では、
『セルフメディケーションとは、自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること』

簡単にいうと、
『自分の健康は自分で守りましょう』
ということです。

自分や家族の健康を守るためには、
まず、健康についての情報、病気や薬についての知識を持つこと。

そして、なにより、

すぐにお薬に頼るのではなく、
まず、食生活や睡眠、生活リズムをととのえることで、
元気で健康的な毎日をすごせるようにこころがけること。

学校の行事や仕事が続いて忙しいなと感じたら、
早めに寝て、睡眠時間をたっぷりとる。

夏バテしやすいから、冷たいものは控える。

毎日ジュースをのまないようにする。

花粉症にそなえて、ハーブティーをのむ。

日ごろから、健康な状態や暮らし方に気をつけていると、
自分や家族が体調をくずしやすい季節、お天気、タイミングもわかるようになってきます。

でも、どんなに気をつけていても、
アレルギーで急に鼻水、くしゃみ、涙がとまらなくなったり、
ちょっと寒気がして風邪をひいたり、
生理前の頭痛やおなかの痛みでつらかったり、
<ちょっとしたからだの不調>を感じるときってありますよね。

そういう時に慌てて受診するのではなく、
おうちの救急箱に常備薬がそなえてあると安心です。

富山の薬売りさん(売薬さん)の薬箱、
あれも、まさにセルフメディケーションのひとつです。

(昔、祖母の家に紙風船とともにおいてありました。)

受診せずになおれば、もちろん医療費の負担も軽くなります。

受診するにしても、早めのお手当でこじれずにすめば、
なおりも早いですし、受診回数も減らせます。

病院での待ち時間のロス、
お子さん連れで病院にいく大変さもなくなります。

必要なときは病院を受診することが大切ですが、
<自分や家族の健康は自分で守る>という意識をママはしっかりもっていきたいですね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。