漢方薬もハーブも香りが大切~水出しハーブティーのメリットとデメリット




すっかり秋らしい気候になってきて、
あたたかいハーブティーがおいしい季節です。

ハーブティーといえば、
あったかい<ホット>で飲むイメージがありませんか?

ホットで飲む他にも、
水出し(お水にはハーブをひたす方法)や
アイス(お湯でハーブティーを淹れた後に冷やす方法)もあります。

水出しハーブティーには、
ホットのハーブティーとちょっと違う特徴があります。

水出しハーブティーのメリット

それは、苦いタンニンやカテキン、
胃への負担があるカフェインが出にくいということです。

なので、
お子さんや胃腸があまり強くない方でも、
抵抗なく飲むことができます。

お味も、水出しハーブティーの方が、
やわらかくてまろやかな口当たりになります。

ペパーミントを水出しすると、
お味はすっきりミントなんですが、香りがマイルドになります。

<ミント水>って感じで、とってもおいしいです。

マロウブルーは、
水出しの方がハーブの青色がきれいに長持ちします。

写真のようにきれいな青色になります!

私は、富山の水道水をおいしく飲んでいます。

なので、水出しハーブティーをつくるときも、そのままの水道水を使っています。

水出しだと、お湯をわかさずに、
ハーブティーを気軽に楽しめるのがいいところですね。

 水出しハーブティーのデメリット

ただ、どうしても、水出しだと、<香り>がイマイチです。

私は、ハーブティーの香りも大切にしたいタイプなので、
ホットで飲むことが多いです。

漢方薬の香りや味も、効果の一部です
ということを以前もお話しました。

https://lifekampo.xsrv.jp/kampo-point

漢方薬と同じく、ハーブも、香りが大切です。

香りは、脳にダイレクトにはたらきますからね。

さめてしまうと、香りもなくなってしまいます。

できれば、あたたかいうちにおいしくいただきたいですね。

特に、風邪や花粉症などでハーブティーを飲むときは、
ホットで飲むのをおすすめします。

というのは、体温に近い温度の方が、からだに吸収されやすいからです。

からだもあたたまって、代謝や血行もよくなります。

ただ、時間がたったからといって
ハーブも漢方薬も、中身の成分が変わってしまう、
効果がほとんどなくなってしまう
ということは、ほぼありません。

安心してくださいね。

漢方薬も、ハーブティーも、
もっとおいしく、もっと効果的に、楽しんでいきましょう!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。