ハーブティーをブレンドするときの組み合わせに相性はありますか?




お店で売っているハーブティーを見てみると、
たくさんの種類のハーブがブレンドされているものもありますね。

こんなにいっぱい入っていて大丈夫なのかな?
ハーブをブレンドするときに相性ってあるのかな?
こういう質問もよくあります。

ハーブの組み合わせで、相性のよくないハーブはありますか?

ハーブをブレンドすることで、その効果が高まるならいいですが、
逆に、効果をうち消しあったり、副作用のようなものがでると困りますよね。

ハーブティーを組み合わせることで、
ハーブの効果が打ち消しあう、副作用がでるというのは、
私は聞いたことがないです。

*お薬(医薬品)とハーブの相互作用があるもの、つまり、飲み合わせがよくないものはあります。

ただ、香りが強めのハーブは、
ハーブティーのブレンドにいれすぎると、その香りが主張しすぎて強いかなという気はします。

だから、ペパーミントやラベンダーといった<香りが強め>のハーブをブレンドするときは、
ハーブの量(割合)に気をつけた方がいいですね。

ハーブの組み合わせで、相性のよいハーブはありますか?

ハーブをブレンドすることで生まれる相乗効果は、いろいろあります。
いわゆる飲み合わせのよいハーブですね。

例えば、
鉄分がたくさん含まれているネトルとビタミンCが多いローズヒップの組み合わせ。
鉄分の吸収がよくなる相乗効果があります。

クエン酸がたくさん含まれているハイビスカスとローズヒップとの組み合わせは、
クエン酸+ビタミンCのダブルパワーで、疲労回復効果がアップします。

ローズヒップ自体はあまり味や香りがないのですが、
ブレンドすると、ハーブティー全体がまろやかになる感じがします。

*そうそう、ローズヒップってあまり酸っぱくないんですよ。

リフレッシュやお楽しみでブレンドするときは、
そんなに深く<効果>について考える必要はないとおもいます。

おいしく、楽しくハーブティーをいただくのが一番!
ハーブティーをブレンドするおもしろさもぜひ一緒にあじわってくださいね。

こちらのブログ記事もご参考に!
ハーブティーをママが自分で簡単にブレンドする方法

私は、ハーブは1種類で飲むよりもブレンドした方が、
相乗効果も期待できますが、
ハーブティーの風味や香りが、よりおいしくなるとおもいます。

でも、ブレンドするハーブの種類が多すぎると、
せっかくのハーブの味も、香りも、効果も、よくわからなくなってしまうことも・・・。
そのハーブティーをのむ目的がぼやけてしまう感じです。
だから多くても、5、6種類くらいのハーブの組み合わせにしています。

いろいろなハーブティーを組み合わせてブレンドして楽しんでくださいね!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。