脾(胃腸)にやさしい漢方とハーブティーの組み合わせ




ママは週末の土曜日も日曜日もお休みはなし。

むしろ、いつもの家事をこなしながら、
子どもたちの相手をして、お昼ごはんもつくって、
平日よりも忙しく感じるかも!?

いいお天気だった週末。

いつもの家事にくわえて、
お布団のシーツや枕カバーのお洗濯、
いつもはなかなかできないお風呂の掃除もして、
がんばってキレイにしました。

自己満足にひたりつつも(笑)

がんばった疲れがでたのか、
季節の変わりめ、朝夕と日中の気温差のせいか、なんだか体調がいまひとつ。

頭が痛いとか、めまいがするとか、
なにかつらい症状があるわけではないけど・・・
なんだか体がだるいような、なんだか眠たいような、やる気がでない感じ。

吐き気がしたり、気持ちが悪いわけじゃないけど・・・
なんだか、胃のあたりがすっきりしない気もします。

常備している漢方薬を飲もうかなともおもいましたが、
その前に、お茶をいれて、ひと休みすることにしました。

オリジナルブレンドの漢方ハーブティーです。

・山査子(さんざし)
・ジンジャー(生姜)
・オレンジピール(陳皮、ちんぴ)
・レモングラス

脾(胃腸)のはたらきをよくしてくれる山査子をメインに、
気のめぐりをよくする陳皮、
胃腸によいジンジャーとレモングラスをブレンドしました。

陳皮や山査子は、漢方薬の材料の生薬としても使われています。

陳皮は、ウンシュウミカンの皮です。

オレンジピールとほぼ同じ。

気の巡りをよくして、胃腸のはたらきをよくしてくれます。

山査子は、消化をよくしたり、疲れを回復する効果があります。

胃腸炎や下痢が続くときに使われる漢方薬、啓脾湯(けいひとう)にも入っています。

山査子は、漢方薬の材料だけでなく、
ドライフルーツとしてお菓子つくりにも使われています。

SOYJOYっていう、カロリーメイトのようなお菓子がありますよね。

あのシリーズには、<黒糖&サンザシ味>もあります。

お茶としても飲めますが、お鍋でぐつぐつ煎じる飲み方もあります。

山査子を煎じるか、煎じないか迷いましたが、
今日は煎じる気力がなかったので、
そのまま普通にハーブティーとしていただきました。

そのかわり、いつもよりちょっと長めの蒸らし時間にしました。

山査子の甘酸っぱさに生姜がぴりっときいて、
それをレモングラスのさわやかさが、まとめてくれる感じです。

かんきつ系の陳皮の香りも大好きです。

おいしくいただいて、リラックスタイム♪
しばらく休んですっかり元気になりました。

お休みの日も忙しいママですが、
ほっと一息する時間を大切にしていきたいですね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。