ハーブティーをおいしく効果的に飲むコツ┃初めてのハーブティー




ハーブティーを飲んでみようとおもったきっかけ。
きっといろいろありますよね。

なんだか、からだによさそう。
妊娠中や授乳中だから、飲み物はノンカフェインにしよう。
花粉症や風邪の予防になったらいいな。

せっかく飲むハーブティー。
おいしく、効果的に飲みたいですよね。

おいしいのハーブティーの飲み方

ハーブティーをおいしく飲むためには、
<蒸らす時間>が大切です。

蒸らすためには、フタが必要。
逆にいうと、フタさえ閉めることができれば、
いつもでどこでもおいしいハーブティーがいただけます。

ハーブティー用のポットで素敵なものがいっぱいありますが、
無理に買いそろえる必要はありません。
(あ、でも、ガラスのポットで淹れると、ハーブの色が楽しめて素敵です♡)

ティーパックのハーブティーでしたら、
マグカップにソーサー(お皿)でフタをしてもOKです。

日本茶用の急須があれば、それでもOKです。

蒸らすことで、ハーブの中の香りや味、有効成分などが抽出されます。

フタをして蒸らすことで、
香りを閉じこめて、味わいがさらに深くなります。

蒸らす時間の目安は、3分間くらいです。

ローズヒップやフェンネルなど、葉や花でない固いハーブは、
もう少し長めの時間(5分くらい)でも、大丈夫です。

ただ、蒸らす時間が長すぎると、
ハーブのえぐみや苦味が出過ぎてしまうこともあります。
注意してくださいね。

効果的なハーブティーの飲み方

ハーブティーを飲んで、リラックスしたい!
リフレッシュしたい!
そんなときは、飲みたいと思ったときが、よいタイミングです。

風邪や花粉症、デトックスといった目的があったり、
気になる症状があって、ハーブティーを飲む場合は
1日3回のむと効果的です。

飲むタイミングは、1日3回だと3~4時間おきです。
(ちなみに、漢方薬の飲み方も同じです)

ある一定量のハーブティーの有効成分が、
ある程度の時間、からだの中にいてくれることが必要です。

そうするためには・・・
1度に3杯をまとめて飲むよりも、時間をあけて、3杯飲む方が効果的です。

考え方は、お薬と一緒ですね。

長い間、気になる症状があるときには、
1日3~4回を1か月以上続けて飲むといいといわれています。

いわゆるメディカルハーブ的な飲み方になります。

ハーブティー初心者さんは、まずは蒸らす時間を意識して、飲んでみてくださいね。

待っている時間に、ハーブの眺めたり、色の変化をみているのも、
癒されるひとときになるとおもいます。

ママにもこういう時間、大切ですよね。

ハーブティーを飲んでいると、
なぜかとってもやさしい気持ちになります。

まるで、スヤスヤと寝ている子を
やさしい気持ちで抱っこしていたときのような幸せな時間。

ハーブティーでこころもからだもぽっかぽかに過ごしていきましょう!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。