ハーブティー1杯を飲むときに、ハーブの量はどれくらい必要ですか?




「ハーブティーって、なんだかよさそう!」
興味をもって、ハーブティーを飲んでみようとお店に行った時、
インターネットのショップサイトを見た時、

ハーブティーの量が<グラム、g>で書いてあって、戸惑ったことはありませんか?

「ハーブティーを1杯飲むのに、どれくらいのハーブを使うんだろう?」
「いったい、どれくらいハーブを買ったらいいんだろう?」
こんな疑問もでてきますよね。

私の務め先の薬局では、ハーブティーも販売しています。
お客さんからもよく聞かれる質問です。

漢方とハーブのレッスンでも、同じようなご質問をいただきました。

ハーブティーをのむときに必要なハーブの量はどれくらい?

ハーブティーを淹れるときによく使われるのが、
<ティースプーン1杯くらい>という言葉です。

ティースプーン山盛り1杯=だいたい1~2グラムになります。
これが、マグカップ1杯のハーブティー(100mL)を飲むときに必要なハーブの量になります。

ティースプーン1杯のハーブの量をグラムに換算すると、
ハーブの種類や使う部位(場所)で変わります。

例えば、同じティースプーン1杯でも、
ペパーミントのような葉は、かさがあるので、やや重さは軽め、
フェンネルのような種子は、密度があるので、やや重くなります。

厳密にいうと、微妙に違ってきますが、
あまり気にしなくてもいいかなと個人的には考えています。

ハーブティーは、10グラム単位で売っていることが多いです。
なので、ティースプーン1杯を使って飲む場合、
だいだい、10グラムのハーブで、5,6回くらいのハーブティーがいただけるとおもいます。

最近は、紅茶のようにティーパックの個包装になったハーブティーも、売られています。

お湯にいれて蒸らすだけで出来上がり。
ポットも必要なく、コップさえあれば飲めますし、
飲んだ後のお片付けもカンタン。
とても、お手軽ですよね。

ただ、ティーパックに入っていると、ハーブが見えません。

私は、ハーブは目でみても癒されるとおもっているので、
ティーパックにつめられてしまって見えないと、
もったいないなって感じてしまいます。

ガラスポットにお湯をいれておどっているハーブをみるのも、好きなんです。
ただよっているハーブに癒されます。
なので、私が買うときはティーパックではなく、ほぼリーフタイプです。

「濃いめのハーブティーが好き!」
「薄めのハーブティーの方が好き!」
味の好みは、人それぞれ。

一度にたくさん飲む方もいらっしゃるでしょうし、ハーブの種類にもよるとおもいます。
だいたいの目安ですが、ご参考にしてくださいね!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。