ハーブティーに必要なハーブの量、ティースプーンに一杯はどれくらい?




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水みゆきです。

この記事では、ハーブティーをカップ一杯飲むのに必要なハーブの量について、解説します。

「ハーブティーって、なんだかよさそう!」
興味をもって、ハーブティーのお店に行った時、
インターネットのショップサイトを見た時、

ハーブティーの量が<グラム、g>で書いてあって、戸惑ったことはありませんか?

「ハーブティーを1杯飲むのに、どれくらいのハーブを使うんだろう?」
「いったい、どれくらいハーブを買ったらいいんだろう?」
こんな疑問もでてきますよね。

私の務め先の薬局では、ハーブティーも販売しています。
お客さんや患者さんからもよく聞かれる質問です。

それでは、詳しくお話していきますね!

 

ハーブティーを飲む時に必要なハーブの量、ティースプーンに一杯はどれくらい?

ハーブティーはティースプーン一杯

ティースプーンに1杯のハーブティーは何グラム?

ハーブティーを淹れるときによく使われるのが、<ティースプーンに1杯くらい>という言葉です。

ティースプーン山盛り1杯=だいたい1~2グラムになります。
これが、マグカップ1杯のハーブティー(100mL)を飲むときに必要なハーブの量です。

 

ハーブティーは、10g単位で売っていることが多いです。
なので、
ティースプーン1杯を使って飲む場合、
10gのハーブで、5,6回くらいのハーブティー飲むことができます。

(漢方とハーブの通信講座のハーブキットでは、ハーブを10グラムで準備しています。)

 

ハーブティーの種類によって、ティースプーン一杯のグラム数は違う


ティースプーンに1杯のハーブの量をグラムに換算すると、ハーブの種類や使う部位(場所)で変わります。

この写真のハーブは、全て10グラムずつ入っています。
同じ重さでも、見た感じの印象が、ずいぶん違いますよね。

ハーブティーは、加工されていないお茶です。

ハーブ(薬効植物)を乾燥して、刻んだだけです。
使う場所ごとに重さも違います。

かさ高いハーブは、おわんに盛り盛りって感じです。
葉(リーフ)や花びらを使うものが多いです。
例)ネトル、ラズベリーリーフ、ペパーミントなど

ひとつひとつが重いハーブは、おわんでなくて、小皿で十分なくらいです。
茎や根っこ、実が多いです。
例)ローズヒップ、フェンネルなど

なので、ジャーマンカモミールとローズヒップを比べた場合、スプーン1杯のグラム数がそれぞれ違います

葉を使ったハーブは軽いので、
同じ10gを買ったとすると、根や実のハーブよりもかさ高い=ティースプーンの杯数は多くなります。

それだけたくさんのハーブティーを飲むことができるということにもなります。

 

さいごに

というわけで、
ハーブティーを飲む時に必要なハーブの量についてお話してきました。

マグカップ一杯のハーブティーを飲む時に必要なハーブの量は、ティースプーンに一杯が目安です。

同じ10gのハーブティーでも、ハーブの種類によって違ってくるので、注意してくださいね。

 

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト