雨が降る前や曇りの日にどうして頭痛がするの?漢方的には理由がある




雨が降る前や台風が近づくと、

頭痛がひどくなる、
むくみがひどくなる、
関節が痛む、

というお話を勤務先の薬局でも聞くことがあります。

「雨が降る前って、わかるんです。
天気予報よりも、 私の雨の予想の方が当たりますよ。」
という患者さんもいらっしゃいました。

今年の夏は、たくさんの台風が上陸しましたね。

そのせいか、<暑くて疲れる>夏バテよりも、
湿気がつらいという方が多かったような気がします。

<気象病>といわれる症状ですね。

確かに、くもりや雨の日などジメジメするときって、
痛みまではいかなくても、

「なんとなくだるいな」

「疲れている気がする」

こういうことってありませんか?

メンタル的なものもありますよね。

外が暗いと、気持ちもどよ~んとしますし。

低気圧になることで、
自律神経系のバランスが崩れてしまうことも原因のひとつです。

低気圧では、副交感神経がはたらきやすくなって、
なんとなくだるくなったり、疲れやすくなることが多いです。

雨の日に頭痛が多くなる理由

台風が近づいたり、曇りや雨の日に頭痛がする、

こういうからだの状態を漢方的な考え方では、
<水>のめぐりが悪くなっていると考えます。

<水>というのは、からだの中の血液以外の水分です。

水分の流れが悪くなってしまって
水はけが悪くなっている水たまり状態です。

漢方的には、水毒(すいどく)とか水滞(すいたい)といいます。

漢方薬にも、<水>の巡りを改善するものがあります。

雨が降る前や曇りの日といった低気圧頭痛によく効きます。

こちらのブログに詳しく書いています。
低気圧頭痛に悩むあなたに教える、ロキソニンよりオススメの漢方薬

曇りや雨の低気圧の日は、からだにかかる圧力も低くなります。

すると、かかる圧力が減った分、からだの中の水分がふくらんで、
神経に影響して痛みがでると考えられています。

「台風や雨の日でも平気です」という方は、
もともと、からだの<気血水(きけつすい)>のバランスがよいことが多いです。

なので、天候などのからだの外の変化にも、
からだが自然にちゃんと対応できています。

低気圧のときに、からだの中の水分がふくらんでも、
余分な水をからだの外に出して、
無意識のうちに、上手にバランスをとれているんですね。

こういうからだの状態が理想的!
できれば、こうありたいものですね。

「そういえば、雨の日って、なんだかからだがだるくて苦手かも」
と心当たりのある方は、次のことに気をつけてみてください。

◆水分をとり過ぎないこと

◆冷たいものをとり過ぎないこと

◆汗をかくこと

なかなか運動する時間がなくて、汗をかけないわというママさんは、
しっかり湯船につかって、
お風呂でじんわり汗をかくのがおすすめです。

忙しいママでも、毎日の生活の中で気軽にできますので、ぜひ試してみてくださいね!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。