秋分の日を漢方的に考える~バランスのよい秋の過ごし方




雨の日が続いているせいか、急に肌寒いほどの気候になってきました。

夏の終わりというよりも、初秋、秋の始まりという感じですね。

秋分の日を漢方的に考える

秋のお彼岸の秋分の日。

秋の彼岸の中日にもあたりますね。

昼の時間と夜の時間の長さが、ほぼ同じになる日です。

<秋分の日>は英語でなんて書くとおもいますか?

答えは、<autumnal equinox day>と書くそうです。

autumnalは、autumn(秋)の形容詞形です。

equinoxは、ラテン語のequi=等しい、nox=夜からきていて、

昼夜平分時つまり、昼と夜の長さがほぼ等しくなるという意味です。

面白いですよね。

漢方的な考え方では、世の中のものをすべて、陰と陽にわけることができます。

1日でいうと、<昼=陽、夜=陰>で、

1年でいうと、<夏=陽、冬=陰>になります。

なので、秋分の日は、陰の時間と陽の時間がちょうど半々になる日と考えます。

そして、この日を境に、
冬(冬至)にむかって、陽のパワーが弱まって、陰のパワーが増えていきます。

陰と陽というと、なんだかちょっと難しいかもしれないですね。

なんとなく、

陽=ポジティブ、いいこと

陰=ネガティブ、悪いこと

というイメージをもちやすいのですが、そうではなくて、どちらも大切なものです。

陽=明るい、軽い、熱い、活動的なもの

陰=暗い、重い、冷たい、静かなもの

陰と陽って、相反するものですが、
光と影のように、どちらかがなくなると、存在することができません。

どちらがいいか、悪いかではなくって、どちらも必要なものです。

そして、ず~っと昼、ず~っと夏ってことがないように、
陰と陽は、増えたり、減ったりして変化をしながら、
いつも自然界の中でバランスをとっています。

このバランスがとれた状態が、正常な状態です。

同じように、わたしたちのからだも、陰と陽にわけて考えることができます。

上半身が陽、下半身は陰、
からだの表面が陽で、からだの内側(内臓)、
からだの中の陰と陽のバランスがとれた状態が、健康な状態です。

夏の陽のパワーが減っていて、陰のパワーがだんだんと増えていく秋。

アクティブに過ごしていた陽の季節の夏と同じように過ごしていたら、
からだのバランスをくずしがちです。

自然の変化にあわせて、暮らし方も気をつけていきたいですね。

落ち着いて、心静かにして、夏の疲れを癒すことが最優先です。

冬に備えるために、秋の過ごし方を大切にしていきましょう。

学校や町内の行事がいっぱいの秋の季節。

ママも大忙しですが、無理しないで、
その日の疲れはその日のうちにぐっすり眠ってすっきり解消。

元気な笑顔で過ごしていきましょう!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。