生薬由来の漢方薬はからだにやさしくて副作用はない?




私は、漢方薬がメインの調剤薬局で働いています。

なので、患者さんは、漢方薬での治療を希望していらっしゃる方がほとんどです。

検査では異常なし。

西洋医学では治療方法がなくて漢方を希望される方。

ご自身やご家族が、西洋薬で副作用がでた経験があって、
副作用をさけるために漢方薬を希望される方。

きっかけはいろいろです。

最近は、テレビの健康番組や雑誌でも、漢方の話題がとりあげられることも多いですよね。

漢方薬のイメージって、どんな感じでしょうか?

薬草をつかったナチュラルなもの。

副作用がほとんどない。

からだへの負担がすくなくて、やさしく効く。

<漢方薬はからだにやさしくて副作用がない>
そうおもっている方も多いかもしれないですね。

確かに、いわゆる<西洋薬>とくらべると、漢方薬は副作用は少ないです。

からだにやさしいのも本当です。

漢方薬は、いくつもの生薬を組み合わせることで、
効きめをよくするのと同じく、
副作用を最小限におさえるように工夫されています。

でも、漢方薬もお薬です。

副作用が全くないわけではなんですね。

例えば、体質にあわない漢方薬をのんだら、かえって調子が悪くなることもあります。

(だから、専門家に体質にあった漢方薬を選んでもらうことが大切です)

漢方薬によっては、胃もたれしやすいものもあります。

漢方薬に限らず、どんな食べものでもアレルギーは起こりえます。

特に、小麦やごまなどに食物アレルギーがある方は、

漢方薬の材料になっていることもあるので、気をつけないといけないです。

<漢方薬だから、絶対に安心>というわけではないんですね。

特に、漢方薬を飲み始めてからの一か月間は、
いつもと違う症状がでないか、自分のからだの変化に気をつける必要があります。

おかしいなとおもったときに、お医者さんや薬剤師さんに相談して中止したら、
すぐに回復して健康への影響がないことがほとんどです。

(これは、漢方薬だけでなく、西洋薬も同じですね)

漢方薬の副作用と間違えやすいものに、瞑眩(めんげん)というものがあります。

これは、漢方薬独特の好転反応のようなものです。

漢方薬をのみはじめてから、一時的に体調が悪化することがありますが、
その後に回復してよくなっていきます。

瞑眩は、からだがなおる前に起きる一時的な症状ととらえられています。

でも、体調の変化が、副作用か瞑眩なのかを判断するのは、
とっても難しいです。

なので、万が一のときは、自己判断しないようにしてくださいね。

漢方薬をきちんと使って、私たちのつよい味方になってもらいましょう!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。