漢方薬はゆっくりとおだやかな効きめで、すぐには効果がでない?




私は薬剤師として、漢方の調剤薬局で働いています。

もちろん、漢方が好きです。

もっと漢方を学びながら働きたいと思って転職して、現在の薬局で働いています。

でも、薬剤師仲間からは、
「え~、なんで漢方なの?本当に効くの?」
といわれることもあります。

しかも、そう言われることが意外と多いんです。

漢方薬を飲んだことがない人からみると、
その効きめに疑問をいだいている人も少なくないのかなと感じます。

それが、たとえ薬剤師やお医者さんといった医療従事者であってもです。

私からみると、
漢方薬を使わないのって、「もったいない!」って思うんですけどね。

私は一人のユーザーとしても、
漢方薬の効きめを実感していますし、

薬のプロの薬剤師としても、
漢方薬のよさを現場で実感しています。

漢方薬のよさを一言でいうと、
「とてもよく効くから」

漢方薬って、長い間ずっと飲まないと効かない。

(確かに、ゆっくり効く漢方薬も多いです。)

じわじわっと効果が出て、すぐには効かない。

(確かに、おだやかな効きめの漢方薬も多いです。)

漢方薬はゆっくりとおだやかに効く

これが一般的な漢方薬のイメージでしょうか。

ところが、1回飲んだだけで、その効果を実感できる漢方薬もあります。

そのひとつが、芍薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)という漢方薬です。

足がつったときやこむらがえりしたのときに使われる有名な漢方薬です。

他にも、生理痛や腹痛のときにも使われます。

痛くなったときに飲むと、5分もしないうちに、痛みが和らぎます。

その効きめは<漢方の痛みどめ>とも言われるほどです。

以前、テニス関係の飲み会で、
「足がつったときに、ツムラの68番はよく効くね~!」
とみんなで芍薬甘草湯の効きめの話で盛り上がりました。

(私は趣味で硬式テニスをしています。)

*ツムラの68番というのは、芍薬甘草湯のことです。
病院でもらう漢方薬は、識別番号がついています。
漢方薬は、名前が読めない漢字だったり、覚えにくかったりするので、番号で覚えている方も多いです。
私たち薬剤師は、番号でなく、漢方薬の名前で覚えることが多いです。

芍薬甘草湯の他にも、すばやい効きめでよく効く漢方薬はいろいろとあります。

即効性がある漢方薬は、風邪、発熱、おなかの痛み、便秘などのときに使われることが多いです。

おうちの救急箱に備えておいて、ちょっと困ったときに使ってみると、

きっと漢方薬のイメージが変わるとおもいますよ。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。