のどの痛みや鼻炎、便秘、湿疹、秋の不調の原因となる乾燥にご用心




秋が深まってくると、
空気も冷たくなって、乾燥してきますね。

漢方的にも、燥邪(そうじゃ)といって、
秋は、乾燥がいろいろなトラブルの原因になると考えます。

乾燥の影響をダイレクトに受けるのが、のど・鼻・皮膚。
ちょうど、からだの表面にあたります。

細菌・ウィルス・アレルゲンなどといった外から侵入するものや
乾燥・寒さ・暑さなどのまわりの環境からからだを守ってくれているところです。

守ってくれているけれど、
それだけ、外からの影響をうけやすいところともいえます。

 秋の乾燥がからだの不調につながる理由

五臓六腑(ごぞうろっぷ)という漢方的な考え方があります。

五臓のひとつの<肺>。
肺は、のど・鼻・皮膚とつながっていると考えます。
そして、乾燥した空気は、鼻や口から肺にはいってきます。

肺のうるおいがなくなると、
のどが痛くなる、
咳がでる、
鼻がかわいて粘膜が敏感になる、
肌が乾燥する、
便秘がちになる、
といったトラブルがでやすくなります。

私は必ず、秋にのどを痛めます。
乾燥でのどを痛めたあとに、
咳がひどくなってしまうパターンです。

今年もそろそろ気をつけないといけない頃だと思っていたのに・・・
ちょっと無理をしたスキに、のどを痛めてしまいました。

やりたいことや、やらないといけないことちょうどいろいろと重なって、
欲張ってがんばりすぎちゃいましたね。

家族のため、自分のためにがんばりすぎちゃうママも多いかとおもいますが、
無理は禁物です。

漢方薬やハーブティー、アロマにも助けてもらいましたが、
ゆっくりからだをやすめることが、一番大切だと感じました。

といっても、<ゆっくり休む>が意外とママには難しいかもしれないですね。

秋のこの時期、私と同じようにのどにくる方もいれば、
湿疹や咳、口の乾きや便秘など、他のところに<肺>のはたらきの影響が出る方もいるようです。
秋の不調にご用心ください。

ママが元気でなかったら、
家族もなんだか元気もなくなっちゃいます。

でも、おうちのお仕事にはお休みなし。

ママは、ゆっくり休みたくてもなかなかゆっくり休めない・・・。

せめて、その日の疲れは、その日のうちに解消して、
いつも元気でありたいものです。

陰と陽の考え方からも、
秋は、早寝早起きして、ぐっすり睡眠をとることが大切とされています。

そういえば、秋は体調を崩しやすいかもという方は、
いつもよりも睡眠をとることに気をつけて、無理せずゆっくりと秋を過ごしていきましょうね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。