気持ちの落ち込みとイライラ、同じようで違うハーブティーの選び方




メルマガ読者さまから
ご質問をいただきました。

=====

清水さん、こんにちは。

いつもメールレター楽しみにしています!

(中略)

いつもニコニコしてたいけれど、
そうもいかない今日この頃です。

イライラしたり、落ち込んだりした時、
気持ち落ち着かせてくれるようなハーブがあれば
ぜひメルマガなどで教えていただけると嬉しいです。

=====

すっごいわかります。

ママだって、
好きでイライラしたり、
怒ったりしているわけじゃないですよね。

できることなら、
イライラを抑えて
いつも笑顔のママでいたいです。

我が家の子どもたちは、
「ママはやさしいけど、怒るとすっごく怖い」って言ってます。

怒るときもやさしいママっているんかーい!って
突っ込みたくもなりますが。

イライラや気持ちの落ち込みには香りが特効薬

イライラや落ち込みって、
漢方的に考えると、
<気>の巡りの乱れが原因とされます。
(気滞:きたいといいます)

気っていうのは、
目にみえない生命エネルギー。

元気の<気>、気力の<気>と同じです。

エネルギーである<気>が
スムーズにからだを巡っていること、
それがとっても大切です。

気の巡りが悪くなると、

イライラ、気持ちの落ち込み、

のどや胸のあたりがつまった感じ、

お腹にガスがたまる、

なかなか眠れない、

こんなプチ不調がでやすくなります。

勤務先の薬局でお話していると、
子育て中のママさんやお仕事や介護をしている女性には、
気の滞りからくる不調を感じている方が多いようです。

どうしても、
ストレスや疲れがたまりやすいのかもしれないですね。

<気>の巡りの乱れ(気滞)の特効薬は
<香り>です。

春におきやすい気の滞りには、
薄荷(ペパーミント)やジャスミンといった
香りのよいお茶がおすすめと以前にご紹介しました。
春なのにイライラ、憂うつになる原因を漢方的に考える

私の場合、
今日はなんだかイライラすると思う日と、
ちょっと気分が落ちこんでいるかもと感じるときで、
なんとなく選ぶハーブティーも組み合わせも違います。

イライラのときは、
爽やかな香りのかんきつ系のハーブ。

オレンジフラワー、
オレンジピール(陳皮:ちんぴ)、
レモンバーベナ、
レモングラスなど。

イライラしている気持ちを抑えてリセットして、
リフレッシュする感じです。

ちょっと気持ちが落ち込んでいるときは、
香りも見た目も華やかできれいなお花系のハーブ。

ローズレッド、
ラベンダー、
ジャスミン、
リンデンフラワーなど。

嗅覚と視覚からまさに癒される感じです。

この仲間同士のハーブティーで組み合わせて
ブレンドするのもよいです。

イライラしているとき、
ちょっと凹んでいるときって
意外とその時はわからないもの。

後から考えると、そういえばそうだったかなって
思うことも多いです。

私の場合、
自分が選んだハーブで気づくこともあります。

あ、今ちょっとイライラ中かもな~んて。

ハーブも漢方と一緒で、
一人一人にあわせてカスタマイズできるところが
一番のメリットだとおもいます。

ママは家族の太陽。

上手に漢方の考え方やハーブを取り入れて
ママをエンジョイしていきましょう!

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト