熱中症の発熱や頭痛には解熱鎮痛薬よりも漢方!と私が思う理由




厳しい暑さが続く夏。

テレビや新聞だけでなく、スーパーや学校、スポーツクラブなど
あちらこちらで耳にしたり、目にするのが、熱中症という言葉。

夏は特に熱中症予防に気をつけていきたいですね。

熱中症についてこんなご質問メールをいただきました。

「子どもが部活中に気分が悪くなったようで、
帰ってから寝込んでいます。

発熱、頭痛があります。

みゆきさんのメール講座*にあった五苓散を飲ませようと思ったのですが、
主人が買ってきた小児用の頭痛薬を飲ませてしまいました。

調べてみると、熱中症の頭痛には頭痛薬は効かない、
むしろ危険と書かれているサイトが多く、どうしようかと思っています。

五苓散を飲ませても大丈夫でしょうか?」

*期間限定で公開していた無料メール講座のことです。
【無料:メールで学ぶ夏の熱中症対策】
~漢方やハーブで暑い夏を元気に過ごそう!~

結果としては、
五苓散を服用してもなんの問題ないです。

頭痛もちの方は、
まず、漢方薬を飲んで、
効かなかったらロキソニンなどを服用する、

その反対バージョンもよくあります。

五苓散との飲み合わせで危険なことはありません。

今の時期の発熱や頭痛は
熱中症が原因なのか、夏風邪のせいなのか、
なかなかわかりにくいです。

風邪気味で体調がわるくて、
熱中症になってしまうということもありますし・・・。

ただ、熱中症の発熱や頭痛は、
風邪の時とはまったく違うしくみなんです。

この違いを知っていると、
ママの不安も軽くなるかもしれませんね。

ちょっと解説しますね。

風邪の場合は、
免疫力をたかめて、ウィルスと戦うために、
脳が命令して、<わざと>体温の設定温度をあげている状態です。

例えていうなら、
ウィルスにとって居心地のよい36.5℃設定の体温を
わざと、40℃にあげます。

脳が命令していることなので、
通常は40℃をこえることはありません。

ウィルスとの戦いが終わると、
自然と汗をかいて、体温は下がっていきます。

設定温度もいつも通りの36.5℃にもどります。

頭痛の炎症もおさまっていきます。

葛根湯や麻黄湯といった漢方薬は
このからだの発熱してなおる仕組みをサポートしてくれます。

詳しくはこちらのブログ記事も参考にしてくださいね。
「風邪を早く治すために、発熱して風邪と戦う元気なからだ」

熱中症になると、
暑さや運動で高くなった体温を下げるために
たっくさんの汗をかきます。

ひどくなると、
からだの水分がなくなって
脱水状態になってしまいます。

すると、汗がかけなくなって、
体温がさがらない、

高体温状態になってしまいます。

熱中症の場合は、
40℃をこえる高熱になることもあるのがこわいところ。

ただ、汗がかけなくて
体温を調節できない状態なので、

こんなに体温があがってしまっても、
体温の設定温度は、36.5℃で正常のままなんです。

これが風邪の場合とは大きく違うところ。

ロキソニン、イブプロフェンなどの解熱鎮痛薬、頭痛薬は、

<脳の命令で上がった設定温度を元にもどすように>はたらきます。

なので、
風邪の場合の発熱や頭痛には有効ですが、

熱中症のときには、残念ながらほぼ効果がありません。

しかも、高い熱で体力が消耗しているお子さんの場合、
解熱鎮痛薬、頭痛薬を飲むと
熱が下がりすぎてしまうことがまれにあります。

ご質問にあった<頭痛薬のリスク>は
このことじゃないかなとおもいます。

もうひとつ、小児科でもよくつかわれる
<カロナール>というおだやかな薬があります。

脳の体温調節中枢にはたらくので、
ロキソニンとは効き方がちょっと違ってきます。

子どもにも使えるということで、
この薬が処方されることもあるようです。

ですが、
熱中症の根本的な解決にならないので、
個人的にはあまり意味がないとおもいます。

熱がからだにこもって起きる熱中症の発熱や頭痛は、
とにかく冷やすのが一番です。

あとは、水分補給ですね。

そして、あわせて、
漢方薬を使うのも有効です。

漢方薬は、からだの熱をさましたり、
血や水のバランスをととのえて、
熱中症を改善していきます。

これは、解熱鎮痛薬ではできないこと。
すごいとおもいませんか?

熱中症は予防が一番ですが、
いざという時は漢方薬も上手につかっていきましょう。

もちろん、重症な熱中症の場合、
意識がない、水分がとれないというときは、
病院の受診(救急車も含めて)が必要です。

熱中症は我慢は禁物です!!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。