ハーブティー講師としてお話してきました!【活動報告】




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。

先日、勤務先の薬局の仕事関係で、
とある施設さんにてハーブティーのお話をしてきました。

ハーブが大好きなので、
自分が好きなことを話すのは、熱も力も入りました^^

その時の内容をお話しますね!

現役薬剤師のハーブティー話

ハーブティー

みなさんにお話した内容はこんな感じです。
見出しごとに分けてシェアしますね^^

漢方薬とハーブの違い

植物療法として共通点も多いハーブと漢方薬。
実際に、薄荷=ペパーミント、紅花=サフラワーなど、共通するものも多いです。

でも、漢方薬とハーブには違いがあります。

なんといっても、漢方薬は医薬品です。
生薬の組み合わせや配合量が決まっていて、その効果が歴史に裏打ちされています。

ハーブは日本では、医薬品ではありません。
ブレンドや組み合わせる方法や量に決まりもありません。

さらに、ハーブは植物だけを使いますが、
漢方薬は植物以外にも、鉱物や動物性の生薬も材料になります。

漢方よりもハーブの方がより穏やかにはたらくともいえますね。

漢方とハーブの違いについては、漢方とハーブの違いを薬剤師が詳しく解説!私の漢方薬とハーブの使い方にも詳しく書いているので、参考にしてくださいね。

 

 

ハーブの効果

ハーブの効果はたくさんありますが、簡単にまとめるとこんな感じです。

・自律神経系(メンタル系)、ホルモン系、免疫系のバランスをととのえる

・抗菌、抗ウィルス作用

・抗酸化作用

・ビタミン、ミネラルなどの栄養補給

ハーブは心と体にやさしくはたらきます。

 

 

ハーブティーのおいしい入れ方

ハーブティーの入れ方についてもお話しました。

ハーブティーの入れ方、初めてでも効果的に美味しく飲む方法にも書いているように、<蒸らす>ことが大事です!

 

ハーブと薬の飲み合わせ

薬を飲んでいる方は、気をつけた方がいいハーブもあります。

・セントジョーンズワート
・イチョウの葉、フィーバーフュー
・バレリアン

胆石の方は、ペパーミントやダンディライオンも控えた方がいいですね。

チェストベリー、レッドクローバー、セージといったフィトエストロゲン(女性ホルモンに似た成分)が含まれるハーブは、婦人科系のガンの方は注意してください。

清水 みゆき
お茶レベルで神経質にならなくても・・・と思うかもしれませんが、
健康のために飲むものですし、リスクは避けていきましょう。

 

 

ハーブ試飲

みなさんに、ハーブティーも試飲していただきました!

準備したハーブティーのブレンドは、
・ジャーマン カモミール
・レモングラス
・オレンジピール
・カレンデュラ
4種類のブレンドです。

ちょっとほっとしたい時、
夜に飲むとぐっすり眠れそうなハーブティーです。

「おいしい」と喜んでもらえてうれしかったです^^

 

さいごに

というわけで、
経験談を含めつつ、いっぱいお話して、本当にあっという間の時間でした。

参加していただいたみなさん、ありがとうございました!

ハーブの魅力が伝わったらうれしいです^^

ハーブのお話に興味がある方はこちらからお問い合わせください!

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト

 

心と体にやさしい漢方生活を始めませんか?

漢方初心者が、まず最初に必ず知るべき3つのポイントを
漢方専門の現役薬剤師がわかりやすく教えます。
期間限定でプレゼントも配布中!



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト