インフルエンザや風邪の熱や喉の痛みに効く漢方、けいまかくはんとう

漢方薬の効果がでるまでの時間




なんだかゾクゾクと寒気がして、のどが痛い。
熱をはかると、まだ37℃台の微熱。
だけど、熱っぽい感じがあるし、
これから熱が上がっていきそう。

風邪か、インフルエンザかわからないけれど、
症状が出てきてしまった。

お母さんの私がダウンしてしまったら大変!

こんなとき、私ならすぐに漢方薬を飲みます。

風邪か、インフルエンザかわからない、発熱やのどの痛みといった初期症状にまずは漢方薬を!

風邪のひきはじめの薬として、葛根湯が有名ですね。

インフルエンザ検査で陰性だったけど、
インフルエンザかもしれない、
これから熱があがりそう、

そんななときにも葛根湯は効果的です。

こちらのブログ記事にも書いています。
麻黄湯と葛根湯、インフルエンザの発熱や痛みにどちらの漢方を使う?

葛根湯も麻黄湯も、
からだをあたためて汗をかかせるはたらき
(=発汗作用)が強い漢方薬です。

ゾクゾクと寒気がして発熱しているけど、
汗がでないときにつかいます。

体温の設定温度をあげて発汗することで、
からだの表面から邪気を発散させます。

ただ、かなりパワフルな漢方薬です。
パワフル過ぎて、
体質的に葛根湯や麻黄湯はあわないという方もいます。

発汗しすぎて、
無駄に体力を消耗してしまうことも・・・。

そういう方は熱がでるときにも、
汗がじわ~っと漏れ出てくることが多いです。
すっきりする汗というよりは、
ちょっと不快な汗。

こういうタイプの方にあう漢方薬は、
桂枝湯(けいしとう)が有名です。

でも、麻黄湯や葛根湯があう人に桂枝湯を使うと、
パワー不足で発汗することができず、
熱がさがらずにこじれていまいがちです。

症状だけでなく、
ひとりひとりの体質にあわせた漢方薬を選ぶことが大切なんですね。

私は胃腸があまり強くないタイプなので、
麻黄湯はちょっと強すぎます。

でも、桂枝湯ではもの足りない感じです。

そんな私は、桂麻各半湯(けいまかくはんとう)という漢方薬を使っています。

桂麻各半湯(けいまかくはんとう)とはどんな漢方薬?

私はこれから熱があがりそうという時、
寒気と腰のあたりの痛み(関節痛)がひどくなります。
そして、頭がぼんやりとしてきて、
のども痛くなってきます。

この症状がでてきたら、
病院に行くよりも先に、桂麻各半湯(けいまかくはんとう)を飲みます。

インフルエンザの検査をしなくても、
風邪か、インフルエンザかわからなくても大丈夫です。

というのは、
インフルエンザという<病名>ではなく、
今でている<症状>や<からだの状態>の方が
漢方では大切だからです。

桂麻各半湯は、文字通り、
麻黄湯と桂枝湯を半分ずつ混ぜたものです。

・桂枝湯=桂皮+芍薬+大棗+生姜+甘草

・麻黄湯=麻黄+杏仁+桂皮+甘草

つまり、
桂麻各半湯=麻黄+杏仁+桂枝湯(桂皮+芍薬+大棗+生姜+甘草)

桂皮に麻黄が加わることで、
桂枝湯よりも発汗作用はパワーアップ。

さらに、杏仁が入っているので、
咳をおさえたり、痰をとりのぞくはたらきも追加されています。

麻黄の量は麻黄湯の半分なので、
発汗しすぎて体力を消耗する心配も少ないです。

しかも、大棗、生姜、甘草が入っていて、胃腸にやさしいです。

麻黄湯や葛根湯とは違って、
寒気がなく、のどの痛みからくる症状(夏カゼに多い症状)にも効果的です。

桂麻各半湯は、とても使い勝手のよい漢方薬です。

でも、残念なことにドラックストアでは売っていません。

実は、ツムラやクラシエといったメーカーからも販売されていないんです。
(台湾のメーカーさんでは取り扱っています。私はそちらをつかっています。)

なので、自分で麻黄湯と桂枝湯を半分ずつ混ぜるしかありません。

ちょっと面倒ですが、
私のようなタイプの方にはおすすめの漢方薬です。

家族のためにも、早めの漢方薬で、
風邪もインフルエンザもこじらせずにいきましょう!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。