風邪を早く治すためのファーストチョイスに漢方薬を!




「なんか急にゾクゾクと寒気がしてきた。」

「のどがイガイガして痛い。」

もしかしたら、風邪をひいてしまったかもしれない・・・。

 

そんな時、どうしますか?

 

慌てて、病院に行く?

とりあえず、寝てなおす?

 

 

我が家では、ハーブティーと漢方薬の出番です。

 

特に風邪のひきはじめには、漢方薬がとっても効果的です。

 

 

風邪をひいたかなと思ったタイミングが漢方薬の出番

 

風邪で病院を受診したときの薬や、薬局やドラックストアで買う西洋薬は、

熱をさげる、
鼻水をとめる、
咳をおさえる、

というように、風邪の症状を<一時的に>おさえるお薬がほとんどです。

 

 

それは、薬のチカラで、風邪の症状を一時的におさえることで、
体力の消耗を防ぐことが目的です。

 

その間に、からだの免疫力にがんばってもらって、
自分のちからで風邪をなおしていこう!という考え方です。

 

つまり、病院でもらった風邪薬ではなく、
自分のからだの免疫力が、風邪をなおしてくれるんですね。

 

このからだの免疫力や抵抗力を高めて、ウィルスをおいだす、炎症をおさえる
そうやって、からだをサポートしながら風邪をなおしてくれるのが、漢方薬です。

 

からだにやさしいですよね!

 

 

<風邪の漢方薬>とひとことでいっても、いろいろな種類があります。

 

鼻水がひどいのか、咳こみがつらいのかといった風邪の症状、

ひきはじめか、こじれてしまっているのか、回復期なのかといった風邪の症状の進行具合、

患者さんの体力(体力=病気に対する抵抗力や胃腸の強さ)

などを考えながら、使い分けていきます。

 

「漢方薬は長い間飲み続けて、じんわりと効いてくる」

というイメージがありますよね。

 

でも、すぐに効くタイプの漢方薬もあります。

特に、風邪のときに使われる漢方薬は、即効性が期待できるものが多いです。

 

そして、大切なのは漢方薬をのむタイミング。

風邪をひいた<かも>しれないというくらい、

薬をのむのに迷うくらいの早めのタイミングでのむのがベストです。

 

 

 

風邪で病院を受診すると、結構な数の薬をもらいますよね。

ちょっと咳が気になる程度だったのに、

痰きり、咳止め、抗生剤、胃薬と薬の多さにびっくりしたり。

 

漢方薬だと、1~2種類だけで、とてもシンプルです。

(場合によっては、抗生剤なども一緒にのむこともあります。)

 

お湯に溶かしてのむと、からだもぽかぽかにあたたまります。

 

 

しかも、病院が休みの日は薬局やドラックストアで買うことができます。

 

 

風邪をひいてしまったときに、<漢方薬>という選択肢があるということ。

知っておくと、ママにとって強い味方になるとおもいます。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。