休日の風邪やインフルエンザ、救急外来に行く前に漢方薬で悪化を防ぐ




家族みんなでお出かけして帰ってきたら、
なんだか体調がいまひとつ。

急に朝夕と肌寒くなってきたし、風邪をひいてしまったかしら。
そういえば、子供たちの学校でインフルエンザも流行っているって言っていたっけ。

熱はないけれど、鼻水がとまらないし、なんとなく頭も重い。

病院があいている時間なら受診するけど、今日はもう終わってしまった。
救急外来にいくほど、ひどい状況でもないけれど、
今のつらい症状をどうにかしたいな。

そうだ!ドラックストアなら、まだあいている。
ちょうど近所にあるし、行ってみよう。

そして、ドラックストアに行ってみると・・・たっくさんのお薬が売っています。

たとえば、風邪だったら、熱や鼻水、のどの痛みなど、
いろいろな症状にあわせて、本当にいろいろなお薬があります。

ついつい、風邪のどの症状にもまんべんなく効くような総合感冒薬を選びがち。

でも、できるだけ、シンプルなものを選んだ方が、からだにはやさしいです。

鼻水だけのときは鼻炎用、
のどだけが痛いときは、トローチやのどの痛みに効くもの
といった感じです。

というのは、風邪の原因はほとんどがウィルスによるもの。

風邪薬は、ウィルスをやっつけるはたらきはなく、
今出ているつらい症状を抑えるだけ。
もちろん、予防にもなりません。

だから、熱がないのに解熱鎮痛剤が入っていたり、
鼻水が出ていないのに抗ヒスタミンのお薬を飲んだりしても、意味がありません。

意味がないどころか、からだの負担になったり、
むしろ風邪のなおりが悪くなってしまうこともあります。

風邪をひいてしまったら、
我が家では、私も主人も子どもたちも、基本的には漢方薬のみです。

インフルエンザかもしれないという時も同じです。

漢方薬はからだの免疫力をたかめつつ、風邪の症状をやわらげてくれます。

以前は、季節の変わりめはいつもよく風邪をこじらせていました。
そして、なかなか咳がすっきりなおらなくて、つらかったです。

でも、漢方薬を上手に使うようになって、
長びく咳に悩むことがなくなりました。

早めにケアしてこじれることがなくなってきたんですね。

漢方薬はドラックストアでも買えます。

風邪のときに効果的な漢方薬もいろいろと売っています。

例えば、有名な葛根湯は、風邪のひきはじめによいですし、
鼻水がひどいときは、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、
止まらない咳には、麦門冬湯(ばくもんどうとう)や五虎湯(ごことう)などがよいです。

*風邪の漢方薬についてはこちらのブログを参考にして下さい。
長咳のタイプ別に5つの漢方を厳選!長引く風邪の咳にオススメの市販薬

インフルエンザかもしれないときは、
麻黄湯(まおうとう)や葛根湯などをすぐに飲むとよいです。

インフルエンザの検査は必要ありませんし、
もしインフルエンザでなくて飲んでしまっても問題はありません。

漢方は<病名>でなく、<人(症状)>で選ぶからなんですね。

*インフルエンザの漢方薬についてはこちらのブログを参考にして下さい。
風邪やインフルエンザに使う漢方薬、麻黄湯と葛根湯の選び方のコツ

風邪などで漢方薬をのむとしたら、2,3日分あれば十分です。

なので、ドラックストアで購入した方が、
救急外来を受診するよりも値段が安いこともあります。
(救急外来は基本的に1日分しか薬を出してくれません。)

からだがつらくてきつい時に、病院で待たなくてよいのもうれしいですよね。

ただ、当たりまえですが、
いつもと様子が違ったり、小さなお子さんの場合はもちろん、救急外来を受診した方がよいです。

自分や家族にあった漢方薬を知っておうちに常備していると、
いざという時にママにとって心強いですよ。
おすすめです!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。