赤ちゃんのあせも改善に!桃の葉ローションの作り方と市販品の選び方




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。

今回は、赤ちゃんのあせもにオススメの桃の葉ローションの作り方、市販の桃の葉ローションの選び方のコツについて、お話します。

蒸し暑くなってくるとできる、あかちゃんのあせも。

首やオムツまわりにポツポツできて、痒そうにしていると、ママもつらいですよね。

「病院にいくほどひどくない汗疹けれど、悪化する前にケアしたい」
そういう時にオススメなのが、桃の葉ローションです。

うちの娘もあせもができやすくて、よくお世話になりました^^

それでは、詳しくお話していきますね!

 

赤ちゃんのあせも対策にオススメ!桃の葉ローションの作り方

桃の葉とは?

桃の葉は、バラ科のモモの葉です。

昔から、民間療法で入浴剤として使われていました。

タンニン、ニトリル配糖体といった成分が含まれていて、
特に、夏のあせもやかぶれ、肌荒れによいです。

 

桃の葉ローションの作り方

庭に桃の木がある!という方もいるかもしれませんが・・・
桃の葉は、生のものではなく、乾かしたドライのものを使います。
(生を使うときは、量がたくさん必要です。)

漢方とハーブの通信講座(初級)のハーブキットにも、桃の葉は含まれています。


■材料

・桃の葉 5 g
・水 500 mL

私が購入しているのはこちらの桃の葉です。

 

1. 鍋に、桃の葉、約5gに対して、水を500mLいれます。

2. 火をつけて、沸騰してから弱火で10分ほど、ぐつぐつします。
(これが煎じる作業です)

3. 桃の葉をこして、液体を桃の葉ローションとして使います。

手づくりの桃の葉ローションは無添加です。
冷蔵庫保存で、2,3日ほどで使いきってください。

 

我が家では、冷めてから、コットンにひたしてパタパタとつけています。

冷蔵庫で保管していた場合、冷たすぎることもあります。
ママの手であたためてから使ってくださいね。

汗をかく夏の間ずっと使い続けていても問題ありません。

あせもだけでなく、おむつかぶれや日焼けの後のケアにも使えます^^

【注意点】
桃のアレルギーの方は注意が必要です。
自分でわからないときは、念のためパッチテストをしてくださいね。

 

桃の葉ローションは入浴剤にもなる!


作った桃の葉ローションが余ったら、入浴剤にもなります。

私は、2~3日では使いきれないことが多くて、余りはお風呂に入れて入浴剤にしていました^^

ほんのり葉の香りがただよって心地よいですよ!

ちなみに、
桃の葉だけをお風呂に浮かべても、入浴剤としてはあまり意味がありません。
有効成分が溶け出さないからです。

入浴剤として使う場合も、煎じてから使ってくださいね。

 

市販の桃の葉ローションの選び方のコツ

桃の葉ローションには市販品もあります。
いろいろなメーカーから販売されています。

こちらは、ピジョンの桃の葉ローション。

 

さいごに

というわけで、
赤ちゃんのあせも対策にオススメの桃の葉ローションの作り方、市販の桃の葉ローションの選び方について、お話してきました。

赤ちゃんにも安心安全の桃の葉、夏の肌トラブルに積極的に使ってくださいね。

 

 

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト