漢方薬のうち即効性あるものかどうかを見分ける簡単な方法




「漢方薬は、構成生薬が少ないほどキレ味がよい。」

こうメルマガに書いてありましたが、
キレ味がよいとは、効果が高いという意味ですか?

メルマガ読者さんから、こんなご質問をいただきました。

以前にお届けした桔梗湯の話です。

こちらのブログ記事にも書いています。
漢方なら迷わない!風邪か花粉症かわからない喉の痛みを和らげる方法

キレ味がいいということは、
もちろん、効果も高いとも言えます。

ただ、生薬の種類が多くても、少なくても、
優れた効果の漢方薬もあります。

生薬が少ないと、効果が高いというのは、微妙に意味合いが違うかなと思います。

効果が高いというよりは、即効性があるといった方がピッタリです!

つまり、漢方薬の構成生薬が少ないほど、
その漢方薬には、即効性があるってことになります。

詳しく説明していきますね。

即効性ある漢方かどうか見分けるには、漢方に入っている生薬の数に注目

漢方薬は、植物や動物由来の材料(生薬)を組み合わせてできたもの。

20種類以上ものたくさんの生薬からできた漢方もあれば、
2~3種類だけの生薬でつくられる漢方もあります。

桔梗湯は、甘草と桔梗の2つからできています。

少ない生薬でできた漢方の代表格。

桔梗がメインの生薬で、
甘草は、桔梗をサポートして、効き目をよくします。

インフルエンザの漢方で有名な
麻黄湯(まおうとう)
インフルエンザの予防薬に漢方の麻黄湯は使えますか?

麻黄湯も4つの生薬からできています。
漢方薬の中では少ない方です。

麻黄がメイン、
桂枝と杏仁が麻黄をサポート、
甘草が生薬を調和します。

桔梗湯は、
喉の炎症や咳、

麻黄湯は、
インフルエンザや風邪に使われます。

どちらも、症状の出はじめ(初期段階)に使います。

というのは、
漢方薬は、材料が少なければ少ないほど、
即効性が期待できる傾向があるからです。

つまり、<キレ味がよい>ってことですね。

桔梗湯や麻黄湯のような即効性が期待できる漢方は、
まさに今出ているツライ症状に対して使うと効果的です。

「じんわりと穏やかに効く」
漢方のイメージを覆すような
<すぐに効く>漢方薬らしくない(笑)漢方です。

漢方薬に使われている生薬の数は、
ドラックストアに売っている漢方ならば、
箱書きにある成分表をみればわかります。

もし、生薬の読み方がわからなくても、
書いてある数を数えればいいだけなので、誰でもわかります^^
簡単ですよね。

ちなみに、葛根湯は7種類の生薬からできています。

4種類の麻黄湯の方が少ないので、
こちらの方が、より攻めの漢方。

葛根湯もっと即効性が期待できます。

体質や症状にもよりますが、
高熱の時は麻黄湯、
熱が落ち着いたら葛根湯、
こういう使い方をすることもあります。

漢方薬で即効性あるものかどうか見分ける方法は、
使われている生薬の数に注目することがポイントです。

漢方薬に入っている生薬の数が少ないほど、
即効性がある漢方といえます。

漢方薬を選ぶときの参考にしてくださいね!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。