夜中に急に咳が止まらない時の漢方やアロマを使ったホームケア




夏の疲れがでる頃でしょうか?

のどが痛い、
咳がでる、
鼻水がすっきりしない、

熱がでるわけではないけど、
風邪をひいたのか、なんとなく体調が悪い

そういう患者さんが、
勤務先の薬局でも増えています。

うちの長男(小学生)も、
お盆の帰省から帰ってきた夜、
急に咳がとまらなくなってしまいました。

眠れないほどの咳は久しぶり。

ちょうどそのころ、
アレルギー性の鼻炎の症状があって、
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という漢方薬を服薬していました。

こちらのブログ記事で小青竜湯について書いています。
風邪のひきはじめ、鼻水や咳の出はじめに常備しているとよい漢方薬

小青竜湯は夜寝る前に飲んだので、
服薬のタイミング的には、
もう1回小青竜湯を飲んでもよかったのですが、

あまりにも咳がひどかったので、
麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)にしました。

麻杏甘石湯は、
ぜんそくの発作にも使われる漢方です。

漢方薬の名前のうちの
麻=麻黄(マオウ)という生薬が、

気管支を広げて呼吸を楽にして
咳をやわらげてくれます。

麻黄の主な成分は
エフェドリン。

西洋薬のカゼ薬にも
使われています。

咳やゼイゼイを抑えるはたらきがあります。

と同時に、
私たちの活動のスイッチをONにする
(=交感神経を刺激する)
そんなはたらきもあります。

なので、
麻黄を過剰にとり過ぎると・・・

眠れなくなる、
ドキドキと動悸がする、
血圧が上がる、

こういう副作用がおきる可能性があります。

さらに、胃が弱い方は
胃もたれしてしまうこともあります。

この麻黄という生薬は
長男くんが先に飲んだ小青竜湯にも
含まれています。

他にも有名な葛根湯などにも入っています。

なので、
麻黄をとり過ぎないように、
漢方の飲み合わせ、漢方メーカーの選択にも注意が必要です。

(漢方薬の生薬の量はメーカーによって違うこともあるからです。)

漢方薬を飲んだ後には
アロママッサージもしてあげました。

咳がつらいときにおすすめの精油(アロマ)は、
呼吸器系によいユーカリ ラディアタです。

マッサージといっても、
長男くんも私も眠たいので、
ほんの少しの時間ですが・・・

「あ~、なんか落ち着くね」

咳で眠れないと焦っていた長男くんも
ほっとしたようです。

やっぱりママのお手あては最強ですね!

そして、漢方薬を飲んでから
30分くらいたったでしょうか。

長男くんの咳の間隔もあいて、
スヤスヤと寝息が聞こえてきました。

私の経験上、
漢方とハーブの相性は抜群です。

どちらも使えると、
おうちでできるケアの幅が
すっごく広がります。

現役薬剤師という専門家としても
ユーザーとしてのママとしても
漢方とハーブのよさ、効果を実感しています。

自分や家族のちょっとした不調に早く気づいて、
からだにやさしい方法でセルフケアできるといいですよね!

The following two tabs change content below.
清水 みゆき
ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト