市販の漢方薬で冬のしもやけの手足の痒みを原因から改善しよう!




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水みゆきです。

この記事では、冬になると手や足の指がかゆい!しもやけでお悩みの方のために、漢方専門の薬剤師がオススメする漢方の飲み薬ついてお話します。

だんだんと寒くなってくると、
手足が冷えて、赤く腫れたり、痒くなったりしませんか?

外出はスーパーくらいで、家の中にほとんどいるのに、なぜかしもやけになってしまう。

毎年恒例のしもやけ・・・本当に嫌になりますよね。

マッサージや薬を塗っても効果がイマイチという方に、一度試して欲しいのが、漢方です。

実は、漢方薬には、しもやけの特効薬として有名なものがあるんです。

しかも、症状にあっていれば、しもやけを原因から改善することもできるんです。

冬になっても、しもやけの心配をしなくてよくなったら、うれしいですよね!

■こんな方にオススメです■

・しもやけになりやすくて悩んでいる方

・しもやけを原因から改善したい方

手や足の指の痒みの原因となるしもやけの特効薬の漢方、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう、38番)

寒さで血行が悪くなって起こる炎症が、しもやけです。

・体温が低め

・手足が冷えやすい

・冷房に弱い

こういった体質の方で、しもやけになりやすい人にオススメの漢方薬があります。

それが、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう、38番)です。
(漢方らしいというか、舌を噛みそうなネーミングですよね^^;)

血行をよくして体をあたためることで、冷えからくる痛みをとる漢方です。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、しもやけの特効薬としても有名な漢方です。

血行をよくして痛みを和らげる当帰(とうき)、
冷えと痛みを和らげる呉茱萸(ごしゅゆ)
体をあたためる生姜、桂皮を中心に、9種類の生薬が含まれています。

名前に含まれる<四逆>の四=四肢、逆=逆冷。

体の末端の手足から冷えが上がっていくこと、
つまり、手足が冷えてあたまらない状態、という意味です。

ちなみに、当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、当帰四逆湯という漢方に、体をあためる呉茱萸と生姜を加えたものです。

手足に冷えを感じると、そこから冷たい血液が体の内側にも逆流していきます。

そして、内臓まで冷えてしまって、生理痛や腰痛が起こることもあります。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、手足の冷えを改善することで、しもやけだけでなく、冷えからくる腰痛や生理痛、腹痛にも使われています。

しもやけの特効薬の漢方、当帰四逆加呉茱萸生姜湯は市販されている

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、市販されています。

ドラックストアや薬局で買うことができます。

ただ、しもやけに対する効果を実感するためには、最低、1~2週間は続けて飲んだ方がよいです。
なので、薬局で買う市販の漢方はコストパフォーマンス的にはあまりよくないかもしれません^^;

なかなか病院に行く時間がない方で、至急でしもやけ対策をしたい方は、市販薬も選択肢のひとつになりますね。

市販薬の当帰四逆加呉茱萸生姜湯(松浦薬業)。

医療用と比べると、1/2量で少ないので要注意です。

48包入りなので、1日3回で16日分になりますね。

こちらは、市販のクラシエの当帰四逆加呉茱萸生姜湯。

やはり、医療用と比べると、1/2量で少ないので要注意です。

錠剤タイプです。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の飲み方のコツ

当帰四逆加呉茱萸生姜湯の飲み方には、ちょっとしたコツがあります。

それは、漢方薬をお湯に溶かして飲むことです。

漢方の吸収がよくなり、体もあたたまって効果的です。

詳しくはこちらのブログ記事も参考にしてくださいね。
漢方薬を効果的に飲むために、苦いけどオブラートは最後の手段で!

なので、できれば、錠剤タイプではなく、粉末タイプのものを選ぶといいですね。

あと、当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、苦い味の漢方薬です。
(苦味は、呉茱萸の味)

でも、体質にあっていれば、つまり、冷えが強い人にとっては、抵抗なく飲めると言われています。

飲みにくい場合は、ショウガのしぼり汁を加えるとよいですよ!

子どもが飲んでも問題ない漢方ですが、味的に難しいかもしれません。

毎年冬になると、しもやけが悩みという方は、寒くなる前から予防的に飲んでおくとよいです。

続けて飲むことで、しもやけになりにくい体つくりをすることができます。

回数は1日2~3回、毎日飲んだ方がよいです。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯と当帰芍薬散の違い

当帰芍薬散はしもやけや冷えによい漢方薬

私も雪かきやスキーで足が濡れたり冷えて油断すると、しもやけができることがあります^^;

その時だけの一時的なものなので、
あえて、しもやけ対策として当帰四逆加呉茱萸生姜湯は飲んでいません。

しもやけに気づいたらすぐに、漢方の塗り薬の紫雲膏(しうんこう)でケアしています。
塗るだけでしもやけ対策!薬局で買える市販の漢方の塗り薬、紫雲膏

ただ、ちょうど体質にあわせて飲んでいる漢方が当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)でした。
生理痛の腰痛を治すためにロキソニンよりオススメの漢方とその選び方

当帰芍薬散も冷えによい漢方です。
冷えの他に、貧血や月経不順、むくみがある方によい漢方です。

同じ<当帰>という生薬が使われている点が、ちょっと似ていますね(笑)。

当帰四逆加呉茱萸生姜湯は、体の末端、手足の強い冷えの人向けの漢方です。

あためる力と血行をよくする力が強いです。

当帰芍薬散は、下半身から全身に冷えを感じる人向け。

同じ冷えでも、違いがありますね。

血行をよくしながら、水の巡りもよくすることで、冷えをとっていきます。

私の場合、当帰芍薬散は、しもやけの予防にもなるかなとも考えています^^

まとめ、当帰四逆加呉茱萸生姜湯はしもやけの特効薬の漢方

ということで、
冬になると足指がかゆい!とお悩みの方のために、
漢方のしもやけの特効薬、当帰四逆加呉茱萸生姜湯についてお話してきました。

毎年、しもやけになる方は、ぜひ一度、漢方薬を試してほしいです。

体をととのえて、冷えに対する抵抗力がつき、しもやけになりにくい体つくりにつながります。

この記事が、冬のしもやけで悩む方のお役にたつとうれしいです。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。