五月病に役立つ漢方薬、子育て中のママも春のストレスにご用心!




入学や学年があがって、
春から新しい生活がはじまった子どもたち。

張りきっている姿を見守りつつも
なんとなく危なっかしくてハラハラしたり、
大丈夫かなと勝手に心配したり、

春は、ママにとっても、
はじめてのことがいっぱいです。

自分でも気づかないうちに
がんばりすぎちゃっていることもあるかも。

ゴールデンウィーク明けの今の時期、

お仕事復帰したり、
お引っ越ししたり、
お子さんのご入学や学年が変わったり
この春から生活の変化があった方は、

だんだんと
生活のペースがつかめてくる頃。

毎日のこと、
目の前のことに夢中だった時には
気にならなかったのに、

少し落ち着いて、
緊張がゆるんでくる今の時期、

最近、なんだか疲れやすい、
なんとなく気分が落ち込む、
わけもない焦りを感じる、
お仕事やおうちの家事に集中できない、
眠れないという方は、

五月病のサインかも。

あ、医学的には、
五月病っていう病名はないんですよ。

うつ病などの気分障害、
不安障害(適応障害)と診断されます。

(仰々しくてびっくりしちゃいますね。)

ちなみに、
五月病って、5月だけでなく、
環境の変化でいろいろな時期おきるんです。

9月になる五月病も多いそうですよ。

子育て中のママも気をつけたいですね。

今回は、五月病について漢方的に考えてみたいとおもいます。

漢方的に考える五月病、役立つ漢方薬とは?

漢方的には、春は<肝>の季節。

五臓六腑(ごぞうろっぷ)の<肝>は、
西洋医学でいう代謝といった肝臓としてのはたらきだけでなく、
自律神経にも深く関わっています

そして、困ったことに、
ストレスにとっても弱いんです。

疲れや緊張が続くと、<肝>のはたらきが乱れて、
自律神経のバランスもくずれやすくなってしまいます。

まさに、<肝>の不調=五月病の状態です。

そんな<肝>の不調によい生薬のひとつが、柴胡(さいこ)です。

柴胡はいろいろなはたらきがありますが、

メンタル的には、
<肝>のはたらきをのびやかに整えて、
<気>の流れをスムーズにします。

<気>は、からだにも、こころにも大切な生命エネルギー。

<気>の巡りがよいことが、
五月病に予防のためのポイントなんですね。

漢方薬でも五月病に使われるものがあります。

柴胡の名前が入った
柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅこつぼれいとう)もそのひとつ。

体力がある方むけの漢方薬です。
どちらかというと、ママよりもパパ(男性)向けですね。

ストレスで乱れた<肝>の<気>を巡らせるはたらきを改善します。

他にも柴胡が入っている漢方薬で
加味逍遥散(かみしょうようさん)や抑肝散(よくかんさん)などが
心の安定、イライラの改善によく使われています。

こちらは、ママ(女性)にもよく使われる漢方薬です。

ちょっと疲れているな、
気持ちが不安定かな、
○○がストレスだわって感じるとき、

いつの間にか、がんばっていた自分をまず認めてあげたいところ。

そして、お休みをあげましょうね。

意識してペースダウンすることも、
時には大切だとおもいます。

でも、ついね、完ぺき主義というか
あれもしたい!これもしたい!って
がんばりすぎちゃうんですよね。
(私はこういうタイプです。)

<気>の流れをスムーズにするためにも、
<肝>に影響する前に、
気持ちよくからだを動かしたり、
ときめくものに触れあう時間を大切にして、
リフレッシュしていきたいですね!

わかっていてもなかなか難しい・・・

そんなときは、
漢方やハーブに助けをかりるのもおすすめです。

香りは気の巡りをよくして、五月病対策にもおすすめです。
春なのにイライラする、漢方的に考える情緒不安定の原因と私の解消法

春の疲れ、イライラや悩みをそのままにしておくと、
脾(胃腸)にも影響してしまって、
夏バテや体調不良につながることもあります。

本格的な五月病になってしまう前に、
こころをからだのバランスを整えていきましょう。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。