漢方薬とロキソニンの飲み合わせ、風邪の時に一緒に飲んでも大丈夫?

ペラックT錠との飲み合わせ




今回は、風邪をひいた時のロキソニンと漢方薬の飲み合わせについてお話します。

こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水 みゆきです。

 

頭痛や解熱鎮痛剤としてよく使われるロキソニン。

風邪の時に病院で処方されることもよくあります。

風邪気味で漢方薬を飲んでいた時に、
ひどい頭痛がしてきた。

大切な仕事があって、どうしても休めない。
ロキソニンを飲んだら、なんとかしのげるかも・・・。

でも、ロキソニンと漢方薬を一緒に飲んでも大丈夫なのかな?

そんな疑問もありますよね。

漢方専門の現役薬剤師の私が、詳しくお話していきますね。

 

葛根湯、麻黄湯や麻黄附子細辛湯などの漢方薬とロキソニンの飲み合わせは?

 

「葛根湯、麻黄湯や麻黄附子細辛湯とロキソニンの飲み合わせは?」
よく聞かれる質問です。

飲み合わせは、ケースバイケースになります。

葛根湯、麻黄湯や麻黄附子細辛湯とロキソニンを一緒に飲まない方がいいケース

 

麻黄湯や麻黄附子細辛湯は、インフルエンザや風邪の初期に飲む漢方です。

インフルエンザの予防薬に漢方の麻黄湯は使えますか?
寒気だけで熱はないインフルエンザ、冷え体質のあなたに役立つ漢方

 

風邪の初期段階は、
からだは今から、熱を出してウィルスと戦おう!としている状態。

この時には、麻黄湯や麻黄附子細辛湯とロキソニンは、併用しない方がいいです。

 

リスクがあるわけでなくって、
せっかくの漢方の効果が出にくくなる可能性があるからです。

詳しくはこちらのブログ記事をお読みくださいね。
漢方薬と風邪薬の飲み合わせ、麻黄湯と解熱剤を一緒に飲んでいい?

 

麻黄湯や麻黄附子細辛湯とロキソニンの併用に問題ないケース

 

熱も下がってしまった後で、
頭痛や喉の痛みがつらいときもありますよね。

そういう時は、
例えば、小青竜湯や桔梗湯といった漢方薬と
ロキソニンを一緒に飲んでも大丈夫です。

 

あと、麻黄湯や麻黄附子細辛湯は、風邪以外の鼻炎にも使われます。

鼻炎がひどくて、頭も痛い。
そういう時は、麻黄湯や麻黄附子細辛湯とロキソニンを併用しても問題ないです。

 

飲み合わせには問題なく、一緒に飲んでも大丈夫といっても、
飲み方に注意してくださいね。

 

漢方薬は空腹時に飲むという方が多いと思います。

ロキソニンを飲むのは、胃への負担を避けるためにも、空腹時には避けましょう。

 

ロキソニンとインフルエンザ脳症

 

風邪やインフルエンザが流行する時期には、
飲み合わせの他にも気をつけないといけないことがあります。

それは、インフルエンザ脳症のリスクです。

【インフルエンザのときに注意する解熱剤成分】
・アスピリン
(大人用)バファリン、ケロリンなど。

・サリチル酸系(サリチルアミド、エテンザミド)

・メフェナム酸:ポンタール
*シロップ剤もあります

・ジクロフェナクナトリウム:ボルタレン

ライ症候群やインフルエンザ脳症のリスクがあるので、
インフルエンザやみずぼうそうの子ども(15歳未満)への使用は、
禁止されています。

大人も飲まない方がよいです。

 

ロキソニンは、鎮痛薬の種類としては、
ボルタレンの仲間のような薬です。

大人の場合、ロキソニンとインフルエンザ脳症との関連性は
いまのところ見られていないようです。

なので、病院で、インフルエンザの薬と一緒にロキソニンがでることもあるようです。

 

ですが、個人的には、10代までは、
ロキソニンの服用も避けた方がいいとおもいます。

 

また、インフルエンザと気づかずに、
風邪や頭痛と思って、ロキソニンを飲むこともあるかもしれません。
注意してくださいね。

 

まとめ

 

というわけで、風邪をひいた時のロキソニンと漢方薬の飲み合わせについてお話してきました。

風邪のひきはじめの発熱時期は、一緒に飲まない方がよいですが、
熱が下がり切った後の頭痛や喉の痛みには、漢方薬を続けながら、ロキソニンを飲んでも大丈夫です。

ロキソニンは、どうしてもつらい時の切り札にして、頼りすぎないようにしたいですね。

 

スポンサーリンク





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。