風邪のひき始めに漢方薬を飲んだのに、その後に高熱が出たのはなぜ?




こんにちは。
ママのためのやさしい漢方 薬剤師の清水みゆきです。

今回は、風邪のひき始めにすぐ漢方薬を飲んだのに、熱が上がった理由について、お話します。

「子どもが微熱で病院を受診したところ、
麻黄湯(まおうとう)という漢方薬がでました。

すぐに飲ませたけど、その後に熱が39℃まであがりました。

麻黄湯はすぐには効かなかったのでしょうか?」

メルマガ読者さんから質問をいただきました。
*メルマガでは、漢方やハーブ、ママ薬剤師としての話などをメールでお届けしています。

せっかくお子さんががんばって漢方薬を飲んだのに、
熱が下がるどころか上がってしまったので、
漢方薬は効かなかったと思われたんですね。

実は、麻黄湯を飲んだ後に、熱が上がったということは、
しっかり漢方薬が効いているからこそ!なんです。

詳しく解説していきますね^^

あえて熱を上げることで、漢方薬は風邪やインフルエンザに効く

麻黄湯や葛根湯といった漢方薬は、
風邪やインフルエンザの初期に使われます。

熱を下げるのではなく、むしろ熱を上げて、
ウィルスをやっつけます。

熱を出して戦っている感じですね。

参考過去ブログ
風邪を早く治すために、発熱して風邪と戦う元気なからだ

風邪やインフルエンザの始まりの段階で、
麻黄湯や葛根湯を飲んで、熱が上がるのはこのためです。

むしろ、漢方を飲んでも発熱しなかったら、効いていないことになります。

発熱した後に汗が出はじめると、自然と熱も下がってきます。

安心してくださいね。

汗がでてきたタイミングで、麻黄湯を飲むのは終わりです。

だいたい、1日か2日ほどの短期間ですむことが多いです。

もちろん、水分補給も忘れずに!

麻黄湯はインフルエンザだけでなく、溶連菌感染症の発熱にも使われる

麻黄湯といえば、インフルエンザのときによく使われる漢方薬です。

でも、インフルエンザだけではなく、いろいろな感染症に使われます。

風邪などの感染症の出始めの症状、
 ひどい寒気(悪寒)がして、節々が痛い  これが麻黄湯を飲むタイミングの目安です。

今回のケースの発熱は、インフルエンザではなく、溶連菌感染症でした。

もちろん、インフルエンザや一般的な風邪でなく、溶連菌感染症でも、症状があえば、麻黄湯の出番です。

溶連菌のように細菌感染をしているときは、抗生物質も必要になることもあります。

そのときは、抗生物質と漢方薬を一緒にのむこともできます。

ちなみに、溶連菌は常在菌。

わたしたちの鼻の中やのど、口の中などにいつもいる細菌なんです。

生活が不規則になっていたり、
疲れていたり、
風邪などの治りかけなどで、
免疫力が落ちているとかかりやすいです。

特に、溶連菌にはいろいろな型があるので、
一度かかっても、また別の型の溶連菌になってしまうこともよくあります。

お子さんは、発熱した後、こじれずにスッキリと治ったそうです。

発熱でつらそうなお子さんをみるのは、ママも心配なもの。
高熱になったり、発熱が続くと、さらに不安はつのりますよね。

漢方薬で早めに治って本当によかったです。

まとめ

というわけで、風邪のひき始めにすぐ漢方薬を飲んだのに、熱が上がった理由について、お話しました。

麻黄湯や葛根湯といった漢方薬は、
風邪やインフルエンザなどの始めの段階で、
熱を下げるのではなく、むしろ熱を上げて、ウィルスをやっつけます。

なので、漢方を飲んでも発熱しなかったら、効いていないことになります。

熱が高くなっても、汗が出はじめると、自然と熱も下がってきます。

子どもの発熱は不安になると思いますが、安心してくださいね。

漢方薬を飲んで、しっかり水分補給しつつ、安静にしてスッキリと治しましょう!





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。