インフルエンザか風邪かわからない初期症状におすすめの漢方薬




「まだ熱は微熱。
だけど、ゾクゾクと寒気がして、これから熱があがりそう。」

まわりでインフルエンザも流行してきているし、
予防接種もしたけれど、心配だわ。

風邪かな?
インフルエンザかな?

はじまりの初期症状は、どちらかよくわからないですよね。

病院にいくほどではないけど、
このまま様子を見ていていいのかな。

なにか薬をのんだ方が早く治るような気がするけど、なにを飲めばいいかわからない。

そういうことありませんか?

風邪かインフルエンザかわからない初期症状におすすめの漢方薬

寒気がして、熱の出はじめの初期。

ここで無理をしてしまうと、
症状がひどくなってしまいます。

できれば、からだをあたたかくして、
ゆっくり寝てからだを休めるといいですね。

でも、忙しいママは、
なかなかゆっくり休めないことも多いですね。

悪化させてしまう前に、薬のちからをかりようとおもったら、

風邪かインフルエンザかどちらかわからない初期症状のときは
葛根湯が私はおすすめです。

(注:体質的に葛根湯があわない方もいます)

超有名な漢方薬ですよね。

まだ高熱がでる前のゾクゾクと寒気がするときに
早めに飲むのがポイントです。

インフルエンザの潜伏期間もありますし、
病院でのインフルエンザの検査は、
発熱してから半日(12時間)以上しないと、陽性反応がでません。

なのに、
イナビルやタミフルといった病院でもらうインフルエンザのお薬は、
発症してから48時間以内にのまないと、あまりききめがありません。

*インフルエンザウィルスが爆発的に増える前にのまないと効果がないため。

「今日はインフルエンザの陽性がでませんでした。
熱が下がらなかったら、明日また来るように言われました」
なんて会話も薬局でよくあります。

インフルエンザの検査をうけるタイミングって
意外とむずかしいなとおもいます。

でも、流行期になると、
インフルエンザでないことを確認するために、
念のために検査をうけることもありますよね。

どういう風に治療していくかきめる検査ではなく、
まわりへの影響を考えての検査。

納得がいくようないかないような・・・。

しかも、鼻につっこまれるインフルエンザのあの検査も
ちょっとイヤですよね。
なんとか改良してほしいものです。

悪寒して発熱がはじまるときって
からだもとってもきついとき。

それなら、家に常備してある葛根湯をのんで、ゆっくり寝て休んだ方が、
からだも楽だし、人にもうつさずにすんでいいかなって
私はおもいます。

漢方薬は、風邪やインフルエンザといった病気に効くのではなく、
私たちのからだにはたらきかけて、
なおる力をひきだして助けてくれます。

インフルエンザなのか風邪なのか、
どちらかわからないときでも効果的な漢方薬、
お家に常備していると心強いですね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。