繰り返す子供の中耳炎と漢方1~子供が中耳炎になりやすい原因と予防




「子供が中耳炎を繰り返して、風邪もひきやすいんです。
色々勉強したいと思っています。よろしくお願いします。」

先日、メッセージをいただきました。

うちの長男くんは小さい頃、
ちょっと鼻水がでたかと思ったら、
ひどく咳き込みはじめるを繰り返していました。

中耳炎とは違いますが、

子どもがちょっとでも鼻水が出始めると、
「また咳がとまらなくなるんじゃないか」
と不安になっていました。

「どうしてすぐに中耳炎になるんだろう?」

ママの不安な気持ち、すっごくわかります。

どうしてうちの子は中耳炎になりやすいの?

中耳炎って、
原因になるウィルスや細菌が、
耳の外から入ってくるように思われがちですが、

実は、鼻と耳をつなぐ<耳管>を通って、
鼻の奥から内耳(耳の中)に入ります。

子どもの<耳管>って、
大人よりも短くて太いんです。

で、大人とくらべると、
その管の傾きがほぼ水平なので、
細菌が耳に入りやすいんです。

なので、
特に、保育園や幼稚園などで
風邪をひきやすいちびっこちゃんは、

風邪をきっかけに、
鼻の奥にいる細菌が増えて、

それが耳管を通って耳の中に入ってきて
中耳炎になってしまうんですね。

まだ免疫のお勉強中の小さい頃は、
風邪と中耳炎がセットでなりやすいのは
しょうがないところもあります。

でも、
子どもが痛がったり、つらそうな姿をみるのは、
ママにとってもつらいもの。

毎日の生活の中でちょっと気をつけることで
予防できたら、うれしいですよね。

繰り返す子どもの中耳炎を漢方的に予防するためには

西洋医学的には、
中耳炎は、
解剖学的な耳と鼻のつながりにフォーカスしてます。

鼻の奥と耳がつながっているってことですね。

漢方的な考え方では、
耳と鼻は別々に考えます。

詳しい解説は省きますが、
耳は<腎>のグループです。

<腎>というのは、
五臓六腑の腎です。

ちなみに、
鼻は<肺>のグループになります。

<腎>のはたらきがよわくなると、
耳にも不調が出やすくなります。

この<腎>のグループは、
寒さや冷えにとっても弱いんです。

じゃあ、これから暑くなる夏は大丈夫!

というわけではなくって、

夏においしい冷たい食べ物や飲み物は
からだを内側から冷やすので、
とり過ぎ注意です。

子どもが大好きなアイスやジュース、
そして、冷たい麦茶もおいしい季節ですが、
ほどほどに。

クーラーでの冷えすぎにも
気をつけたいですね。

<腎>のグループの仲間には、
耳だけでなく、腎臓や膀胱もいます。

腎臓や膀胱は、
毎日、尿をつくって外に出すという
大切なお仕事をしています。

私たちは毎日あたり前にトイレにいっていますが、
これって、とってもスゴイこと。
ありがたいことです。

水分のとり過ぎると、
腎臓や膀胱が忙しくなって疲れていまいます。

同じ<腎>グループの腎臓や膀胱が弱っちゃうと、

耳も調子がわるくなってしまうことがあります。

熱中症予防のためにも
ある程度の水分補給は大切です。

ただ、水をガブガブ飲みたくなるような
味付けの濃いもの、
あまいお菓子、
しょっぱいお菓子も
摂りすぎない方がいいですね。

漢方的には、中耳炎は、
からだの中の水のバランスが悪くなったと考えます。

いらない水が中耳にたまって
水たまりができた状態。

特に、子どもの場合は、
体重の7~8割が水でできています。

なので、
からだの中の水の巡りが悪くなりやすく、
中耳炎にもなりやすい、
繰り返しやすいと考えます。

<腎>のはたらきを弱めてしまうこと、

・からだを冷やすこと、

・必要以上の水分のとり過ぎ、

両方とも、水のバランスを崩すことにも
つながってしまいます。

冷たい飲み物ばかり飲んでいないかな、

脂っこい食事が多くないかな、

お風呂に入らず、シャワーだけですませてないかな、

子どもが中耳炎になりやすい、
治ったかとおもってもまた繰り返しちゃう
そう感じるときは、

毎日の生活を振り返ってみると
改善のヒントがかくされているかもしれません^^

普段の生活から気をつけていくことが、
中耳炎の予防にもつながるとおもいます。

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト