活用してほしいお薬手帳 スマホのお薬手帳アプリでうっかり忘れゼロ




突然ですが・・・

お薬手帳を使っていますか?

 

 

処方せんをもって薬局にいくと、
お薬と一緒にもらったり(正確にいうと、貼ってもらう)シールをはる手帳のことです。

 

お薬の名前、飲み方、飲む量、日数などが書いてあります。

 

実際に、患者さんのお薬手帳をみて、

 

他の病院から同じような効きめの薬がでていた。
→重複して飲まないですんだ。

 

飲み合わせの悪い薬がでていたことがわかった。
→のむタイミングの説明や変更。

 

といったこともありました。

 

 

お薬手帳をみせていただいて、
他の病院でもらったお薬の相談にのることもよくあります。

 

 

お薬手帳を持ってこないと薬局で支払う料金が高くなる

 

2016年の4月から、

お薬手帳を持ってきたか、きていないかで
薬局で支払う料金に違いがでるようになりました。

 

*2年に1回、薬局や病院の料金システムなど見直す制度があり、
今年の4月から新制度がはじまっています。

 

お薬手帳を持ってきた人の方が、
持ってこなかった人よりも、
40円(保険が3割負担の場合)ほど安くなります。

 

意外と知らなかったり、

持ってこない(出さない)方が安いと思っている人も多いようです。

 

 

 

スマホでお薬手帳の管理ができる

 

「つい忘れちゃった!」ということも多いお薬手帳。

 

聞いたところによると、
忘れてしまったときの対応は、薬局によって違うようですね。

 

*私の勤務先の薬局では、つい忘れてしまった方はいつもと同じ料金のままにしています。

 

 

最近は、お薬手帳は、スマホのアプリにもなっています。

 

いろいろな会社からでているようです。
<お薬手帳 アプリ>で検索すると、いっぱいヒットします。

 

 

 

私の勤務先の薬局でも、
電子版のお薬手帳のシステムが導入されています。

 

 

使っていらっしゃる方はまだ少数派ですが、

「手帳は忘れてしまうことが多いけど、
スマホは必ず持ち歩くから」と好評です。

 

確かに、スマホは忘れないですよね。

 

 

災害時や急な事故などがおきたとき、
旅先で体調を崩した場合も、

スマホに飲んでいるお薬や
これまでの副作用やアレルギーのデータが入っていると安心です。

 

 

私の薬局が対応しているお薬手帳アプリは、
手入力もできるそうです。

 

なので、

薬局がシステムに対応していなくても、
ご自分でデータをいれることもできます。

 

 

スマホでない方は、
携帯電話のメモ張などを使って、
必要なお薬などの記録を残しておくといいですね。

 

 

 

風邪のときにもらった薬だったら、どんな症状だったか、

病院や薬局にいったときにお医者さんや薬剤師さんに聞きたいこと、

飲んでいる市販薬や健康食品、サプリのこと

お薬手帳に、一緒に書いておくとといいとおもいます。

 

 

患者さんとお医者さんや薬剤師などの医療関係者をつなぐお薬手帳。

ぜひ、活用してくださいね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。