自分の薬、家族の薬、ちゃんとわかって使っていますか?




以前に、務め先の薬局で
患者さまむけの勉強会の講師を務めたときのことです。

私の担当は<ステロイドの塗り薬>についてでした。

ひとことでステロイドといっても、
いろいろな種類、強さや弱さがあるということ、
使う場合に気をつけないといけないこと、
塗り方のコツ、
いわゆるステロイドのリバウンドのこと、

飲むステロイドと塗るステロイドの違い、

基本的なことから、最後は漢方的なお話まで、いろいろとお話させていただきました。

『できれば、ステロイド軟膏は使いたくないんだけど・・・』

ステロイドの副作用を心配する方がよく言われる言葉です。

確かに、使わなくてよいときに、使うものではないとおもいます。
(これはステロイドに限らず、薬は全部そうですね。)

からだには、自分でなおろうとする自然治癒力があるので、
本来ならば、お薬は使わなくてもなおるはずです。

それが追いつかないときに、お薬を使います。

もともとある自然治癒力がはたらくようにサポートような使い方なら、
たとえステロイド軟膏を使おうとも、
そんなに心配する必要はないとおもいます。

『ステロイドって副作用があるというし、なんだか怖そう』

<なんとなく>のイメージでそう思っていませんか?

まずは、きちんとお薬のことを知りましょう!

勉強会に参加してくださった方も
「お医者さんが言われるがままになんとなく使っていたけど、
ちゃんと理解して使うことが大切なんですね。」
と、おっしゃっていました。

本当にその通りだとおもいます。

病院や薬局に、丸投げするのではなくって、
一緒になおろうとしていくために、ちゃんとした<薬識(やくしき)>を持つことが大切だとおもいます。

薬識っていうと、
なんだか難しい言葉に感じますか?

簡単に言うと、

自分が飲んだり、使ったりするお薬について、
お薬の名前はもちろん、どういう風に効くのか、
万が一の副作用のこととか、
ちゃんとわかった上で治していこうね
ということ。

「お医者さんには、聞きにくいし、
薬局さんは、忙しそうだし」
という患者さんの言葉にドキッ。

患者さんに寄り添うように気を配っているつもりですが、
確かに、忙しくなってくると、
お待たせしないことに一生懸命になっていることも多いかもしれません。

気をつけようと改めておもいました。
貴重な気づきに感謝です。

ママは、自分のことだけでなく、
お子さんや家族のお薬のことも、わかっていたいもの。

家族の健康のために、きちんとした<薬識>をもつことも大切ですね。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。