花粉症を予防する注射があるんですか?花粉症の原因にアプローチ




「花粉症を予防するための注射があるときいたことがあります。
どんなものかご存知ですか?」
メルマガ読者さんから、こんな質問をいただいたので、お答えしていきますね。

前のブログ記事の続きになります。
花粉症の治療に使われるステロイド┃副作用リスクを薬の種類別に考える

 

花粉症に使われる注射には、ステロイド以外のものもあります。

鼻や目の症状を抑えるステロイドに対して、
症状の原因から対応していく根治が期待できる
皮下免疫療法(Subcutaneous Immunotherapy:SCIT)です。

ただし、スギ花粉限定です。

ワクチンと似たような感じで、
花粉症の原因であるアレルゲン(スギ花粉)を少しずつ投与して
体を花粉に慣らして=花粉を異物だと思わないようにして、
アレルギー症状をやわらげる方法です。

同じような仕組みで、注射ではなく、
投与経路を舌下(口腔粘膜)に変更したのが、
舌下免疫療法(ぜっかめんえきりょうほう、Sublingual Immunotherapy:SLIT)といいます。

現在は、こちらの方がメインになっています。
詳しくお話していきますね!

 

スギ花粉症を原因からアプローチ、舌下免疫療法

2014年に承認されたスギ花粉症の治療薬シダトレン

花粉症の原因(アレルゲン、抗原)であるスギ花粉を少しずつとり続けることで、
体に「有害なものでなから攻撃しないでね」と認識させて、過剰なアレルギー反応=花粉症を防ぐものです。

あらかじめ準備することで、花粉症も予防できます。

飲み方はカンタンです。

1日1回、薬(シダトレン)を舌の下にたらして、2分間そのままにしてから、飲みこみます。

ちなみに、ダニ(ハウスダスト)の薬は、ミティキュアといいます。

 

「鼻水や目のかゆみでつらい!」
花粉症シーズンになってしまったら、この治療はお休み。

スギ花粉が落ち着く6月から11月の間の
花粉がとんでいない時期に治療をはじめます。

でないと、かえって花粉症が悪化してしまって大変だからです。

少しずつ量を増やしていき、最短でも2年間は毎日続けないといけません。

すぐに効果の出る治療ではないんです。

体が花粉を異物と認識しなくなるまでには、
どうしても時間がかかってしまうんですね。

あと、残念ながら
治療をうけた人がみんななおるわけではありません。
(8割くらいといわれています。)

残念ながら、100%効果があるわけではないのは、<免疫>の仕組みならではなんでしょうね。

 

12歳以上のスギ花粉のアレルギーの人が対象で、病院で保険も適用になります。

副作用としては、口内炎や舌の下が腫れることなどがあります。

 

勤務先の薬局の患者さんで、
舌下免疫療法で治療中の方がいらっしゃいます。

毎年、花粉症シーズンは、
鼻水や目のかゆみは当たり前、
頭がぼーっとして、頭痛はするし、毎日とってもつらかったそうです。

抗ヒスタミン薬といった西洋薬も漢方薬も
あまり効果がなかったそう。

でも、舌下免疫療法をはじめてから、
劇的に花粉症の症状がよくなったそうです。

全くなくなったわけではないけど、
鼻や目の症状は漢方薬(この方は小青竜湯)でケアできるくらい。

「ずいぶん、楽になりました!」
とってもうれしそうにおっしゃっていました。

長い間、毎日飲み続けるのも大変ですし、
副作用の可能性もあるので、
舌下免疫療法は、重症の花粉症の方むけの治療法だと個人的にはおもいます。

妊娠中や授乳中の方もその間は避けた方がいいですね。

小さなお子さんのママも、
毎日続けて飲むのが難しそうなら、子育てがひと段落ついてからの方がいいかもしれません。

 

それまでは、ハーブや漢方でつらい症状をしのぎつつ、
体をいたわる漢方的な暮らし方をこころがけることで、
花粉に反応しにくいからだつくりを目指すこと、

ハーブティーやアロマをつかって予防、
それでも、つらい症状がでたら、漢方薬やアロマを使ってケアをする。

こういう方法が体にやさしいと思います。

 

この記事で他の花粉症対策についても、まとめています^^
子どもと一緒につらい花粉症を乗り切る漢方とハーブの花粉対策まとめ

 

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト