花粉症の治療に使われるステロイド┃副作用リスクを薬の種類別に考える




「花粉症を予防するための注射があるときいたことがあります。
どんなものかご存知ですか?」
メルマガ読者さんから、こんな質問をいただきました。

花粉症で鼻水がダラダラでとまらない、
目がしょぼしょぼ、とまらないかゆみでイライラだと、
お家のことも、子どものお世話も、落ち着いてできないもの。

つらい症状でイライラ、
はかどらない家事にイライラ、
ほんとうに嫌になっちゃいますよね。

「注射するだけでこのつらさから解放されるのなら、
試してみたい!」切実ですよね。

注射で花粉症が予防できる?

今は使っている病院は少ないとおもいますが、
花粉症に対してステロイドの注射が使われていたこともありました。

「注射を1回するだけで、花粉症がなおる」
というわけではなくって、

長い時間、からだの中で続けてはたらくタイプのステロイドで、
鼻や目の炎症(かゆみ、腫れ)を無理やり抑えているだけです。

対処療法ってことで、
予防ではないです。

長く効いてくれるのは一見よさそうですが、
反対に言うと、
副作用もそれだけ起きやすい状態になってしまうってこと。

ムーンフェイス(顏が丸くなる)、
メンタル的に不安定になる、
骨がもろくなりやすくなる、
風邪やインフルエンザになりやすくなる、
糖尿病や緑内障や白内障といった目の病気になりやすくなる、

ステロイドの副作用といえば、
ここで書くまでもなくたくさんあります。

注射というかたちでステロイドが入ると、
からだ全身に作用していきます。

効果が持続するというのはメリットなんですが、
それだけ、ステロイドの副作用リスクが高くなるってことです。

もしも、副作用が出てしまったら、
ステロイドが代謝されてからだの外にでるのを待つしかない
というのが一番怖いところ。

日本アレルギー学会、日本耳鼻咽喉科学会といった医療者の団体でも、
非推奨としている治療法です。

注射じゃなくても、
セレスタミン配合錠という飲み薬もよく使われます。

鼻水やくしゃみ、かゆみを抑えるクロルフェニラミンという抗ヒスタミン剤と
ステロイドをあわせて一錠にした薬です。

とても切れ味のよい薬ですが、
やはりステロイドの副作用リスクを考えて、
短期間の使用にした方がよいです。

(注射よりは代謝されて速くからだの外にでるし、
飲むのを中止したらよいのでリスクは低いですが)

ステロイドといえば、
花粉症がつらい方は、
ステロイドの点鼻液や目薬を使った経験がありませんか?

鼻つまりがひどいときは、
アラミストやナゾネックスといった点鼻液、
目のかゆみがつらいときは、
フルメトロン、リンデロンといったステロイドの目薬。

同じステロイドでも、
季節限定、部分的な使い方だったら、
副作用はでにくいです。

というのは、
含まれているステロイドの量も少ないので、
からだに吸収されても、
その影響はすくないと考えられるからです。

(個人差があるので、全く副作用がでないとは言えません。)

「大丈夫といわれても、やっぱりステロイドは使いたくないな」

この記事で他の花粉症対策についても、まとめています^^
子どもと一緒につらい花粉症を乗り切る漢方とハーブの花粉対策まとめ

The following two tabs change content below.
清水 みゆき

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト
薬剤師がこっそり教えます^^
↓ ↓ ↓

風邪は万病のもと!
こじらせる前に、すっきり治しましょう。

このレポートを読むと、風邪の漢方薬の選び方のコツがわかります。



ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

私や家族の漢方体験談などはこちらをご覧くださいね。

一見、難しそうな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、良さを知って役立てて欲しい!と専門性を生かして活動しています。

2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。毎回すぐにお申込みいただき、現在第9期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすく、すぐに実践できる!」と好評いただいています。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト