風邪薬では風邪はなおらない




薬局で、お薬の説明や副作用がでていないか確認した後に、
必ず聞くことがあります。

「ほかに飲んでいるお薬はありませんか?」

患者さんのお薬の飲み合わせのチェックは、
薬剤師の大切な仕事のひとつです。

ある日の患者さんとの会話です。
体質改善のために漢方薬を続けて飲んでいる患者さんでした。

「実は、風邪がなかなか治らないんです。
それで、漢方薬の他に風邪薬をしばらくのんでいます。」

詳しくお伺いすると、
10日間ほどずっと風邪薬を飲んでいるのに、なかなか風邪がなおらない。
仕事も忙しくゆっくり休むことができないので、からだもとても疲れている。

マスクの下の表情は浮かない表情。

患者さんが飲んでいる風邪薬はPL配合顆粒でした。

PL顆粒は総合感冒薬です。
昔からよく使われている白い粉薬です。

熱を下げて痛みを抑える成分や
鼻水やくしゃみを抑える成分、
そして、カフェインが入っています。
(カフェインは、痛みをおさえるはたらきをサポートします)

PL顆粒といった風邪薬は、
風邪のときの咳や熱などの症状を抑えるもの。

あくまで症状に対処するための薬なので、
風邪の原因であるウイルスや細菌そのものをやっつけることはできません。

風邪薬をのんでも風邪がなおらない理由

風邪をひいたかなとおもっても、
大人の事情で休めないときや
がんばらないといけないときもあります。

子育てに家事にと忙しいママも
休みたくてもなかなかゆっくり休めないですよね。

風邪薬の助けが必要な時もあります。

でも、繰り返しますが、
風邪薬では、風邪はなおりません。

「早く風邪をなおそう!」とがんばって風邪薬をのむ

ちょっとからだが楽になる。

治ったとおもって休まずに無理してしまう

症状がぶり返す

この繰り返して、風邪薬をずっと飲んでいるのに
逆に風邪がこじれてしまうということもあります。

風邪ををなおすのは、
病院でもらった風邪薬ではなく、
自分のからだの免疫力。

お薬なんてのまなくても、
本当はゆっくり休んで、ぐっすり眠ったら、
自然と免疫力もアップして、自分のちからで風邪もなおしてしまうもの。

この「ゆっくり休む」というのが、
忙しいと意外と難しいのかもしれないですね。

患者さんとそんな話をしながら、
「風邪のときも漢方薬がいいですよ!」
と提案してみました。

すると、
「漢方薬って風邪にも効くんですか?」と不思議顔。

体質改善のために漢方薬を飲んでいたので、
まさか、風邪にも漢方薬が効くとは思わなかったそうです。

風邪薬で風邪はなおらないけど、
「(風邪を)ひいたかな」と思ったら、早めの漢方薬。

こういう選択肢が、あたり前になるといいなと改めておもった出来事でした。





無料メール講座
■現役薬剤師が教える
薬に頼りたくないママのための漢方生活のはじめ方
11のヒント

 

家族のことを大事に思うからこそ、
できるだけ薬だけに頼らずに、健康に暮らしたいですよね。

 

漢方専門の薬剤師である私が、
家族の健康を大切にするママのために、<漢方でできること>をやさしい言葉でわかりやすくまとめました。

 

11日間にわたってお届けするメールには、健康的な体つくりのヒントや毎日の生活を見直すきっかけが、たくさん詰まっています。

 

ご購読は無料です。

ぜひ読んで活用していただいて、
薬に頼らずに自然の力で、
家族みんなで元気に笑顔で過ごしてくださいね!

 

今すぐ詳細ページをご確認ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

清水 みゆき

ママのためのやさしい漢方薬剤師。
漢方調剤薬局につとめる現役ママ薬剤師&ハーバルセラピスト。

漢方やハーブのおかげで、家族みんな元気な笑顔で暮らしています。
一見、難しそうで敬遠されがちな漢方やハーブ。
家族の健康を守るママにこそ、その良さを知ってほしい!もっと生活に生かしてほしい!と専門性を生かして活動しています。

勤務先の薬局や地域の公民館で不定期でアロマ&ハーブ講座をリクエスト開催。
2016年度からは、完全オリジナルの漢方やハーブのオンラインレッスンをスタート。
毎回すぐにお申込みいただき、現在第8期まで開催。
「やさしい言葉でわかりやすくて、すぐに実践できる!」と好評いただいています。
ママが女性らしく生きるための漢方とハーブの講座も2016年に開催。
2019年にはオンライン講座としてスタート予定です。

■薬剤師、漢方薬・生薬認定薬剤師
■JAMHA認定ハーバルセラピスト


私や家族が漢方に助けられた経験談や、ハーブや漢方でどんなふうに健康的な暮らしをしているかは、こちらをご覧くださいね。 取材・講演依頼などお問い合わせはこちらからお願いします。